文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

途上国と国際関係

関連レポート・出版物

最新のレポート・報告書

最新の関連出版物

アジア経済

アジア経済 2019年3月 第60巻 第2号

『アジア経済 2019年6月 第60巻 第2号』

トルコ

他社で出版した研究成果

『トルコ』

アジア経済

アジア経済 2018年12月 第59巻 第4号

『アジア経済 2018年12月 第59巻 第4号』

アジア経済

アジア経済 2018年9月 第59巻 第3号

『アジア経済 2018年9月 第59巻 第3号』

Discussion Paper ※英文サイトへリンクします

関連研究会

研究者

概説・より深く知りたい人のために

【概説】

  • 開発途上国の対外行動はどのように決定されるのか?
  • 台湾:蔡英文政権発足前後の対中国関係
  • 2016年台湾総統、立法委員選挙:国民党の大敗と蔡英文次期政権の展望
  • 初の中台首脳会談の背景と意義
  • キューバと米国の国交正常化交渉をめぐって
  • ロシアによるクリミア併合のインパクト:カザフスタンの対応と「ロシア人問題」
  • ケニア控訴審判決:次回総選挙2013年3月実施 (2012年8月1日 記)
  • 南シナ海問題をめぐるASEAN諸国の対立
  • ICCがケニア副首相ら4人の第1審裁判部送致を決定
  • (短報)ケニア軍広報官が誤りを認め、謝罪

【本テーマに関する参考文献等】

国際関係論・国際政治経済学のテキスト(日本語による入門)
  • 河野勝・竹中治堅(編)『アクセス国際政治経済論』日本経済評論社、2003年。
  • 野林健・大芝亮・納家政嗣・山田敦・長尾悟『国際政治経済学・入門』(新版)有斐閣アルマ、2003年。
  • 鈴木基史『国際関係』(社会科学の理論とモデル2)東京大学出版会、2000年。
  • 草野厚『政策過程分析入門』東京大学出版会、1997年。
  • 山影進『対立と共存の国際理論:国民国家体系のゆくえ』東京大学出版会、1994年。
  • 山本吉宣『国際的相互依存』(現代政治学叢書18)東京大学出版会、1989年。
  • 田中明彦『世界システム』(現代政治学叢書19)東京大学出版会、1989年。
  • 佐藤英夫『対外政策』(現代政治学叢書20)東京大学出版会、1989年。
日本語文献
  • 大庭三枝『アジア太平洋地域形成への道程-境界国家日豪のアイデンティティ模索と地域主義-』ミネルヴァ書房、2004年。
  • 大矢根聡『日米韓半導体摩擦-通商交渉の政治経済学-』有信堂、2002年。
  • 『国際政治』128(比較政治と国際政治の間)、2001年。
  • 三浦聡「行為の論理と制度の理論」『国際政治』124(国際政治理論の再構築)、pp. 27–44、2000年。
  • 赤根谷達雄『日本のガット加入問題-《レジーム理論》の分析視角による事例研究-』東京大学出版会、1992年。
  • 白鳥令(編)『政策決定の理論』東海大学出版会、1990年。
英語文献(理論の展開と事例研究を原書で読む)
  • G. John Ikenberry and Michael Mastanduno (eds), International Relations Theory and the Asia-Pacific, Columbia University press, 2003.
  • Christopher Hill, The Changing Politics of Foreign Policy, Palgrave MacMillan, 2003.
  • Peter J. Katzenstein, Robert O. Keohane and Stephen D. Krasner (eds), Exploration and Contestation in the Study of World Politics, MIT Press, 2002.
  • Robert Gilpin, Global Political Economy: Understanding the International Economic Order, Princeton University Press, 2001.
  • Robert O. Keohane and Joseph S. Nye, Power and Interdependence (third edition), Longman, 2000.
  • Alexander Wendt, Social Theory of International Politics, Cambridge University Press, 1999.
  • Etel Solingen, Regional Orders at Century's Dawn: Global and Domestic Influences on Grand Strategy, Princeton University Press, 1998.
  • Michael W. Doyle, Ways of War and Peace, W.W. Norton & Company, 1997.
  • Robert O. Keohane and Helen V. Milner (eds), Internationalization and Domestic Politics, Cambridge University Press, 1996.
  • Stephan Haggard and Robert R. Kaufman, The Political Economy of Democratic Transitions, Princeton University Press, 1995.
  • Judith Goldstein and Robert O. Keohane (eds), Ideas and Foreign Policy: Beliefs, Institutions, and Political Change, Cornell University Press, 1993.
  • Peter B. Evans, Harold K. Jacobson and Robert D. Putnam (eds), Double-Edged Diplomacy: International Bargaining and Domestic Politics, University of California Press, 1993.
  • Stephan Haggard and Robert R. Kaufman (eds), The Politics of Economic Adjustment: International Constraints, Distributive Conflicts, and the State, Princeton University Press, 1992.
  • Robert Gilpin, The Political Economy of International Relations, Princeton University Press, 1987.
  • Robert O. Keohane (ed.), Neorealism and Its Critics, Columbia University Press, 1986.
  • Peter J. Katzenstein, Small States in World Markets: Industrial Policy in Europe, Cornell University Press, 1985.
  • Robert O. Keohane, After Hegemony: Cooperation and Discord in the World Political Economy, Princeton University Press, 1984.
  • Stephen D. Krasner (ed.), International Regimes, Cornell University Press, 1983.
  • Kenneth N. Waltz, Man, the State and War: A Theoretical Analysis, Columbia University Press, 1954.
雑誌
事典
  • 猪口孝・田中明彦・恒川恵市・薬師寺泰蔵・山内昌之(編)『国際政治事典』弘文堂、2005年。
  • 猪口孝・大澤真幸・岡沢憲芙・山本吉宣・スティーブン・R・リード(編)『政治学事典』弘文堂、2000年。

関連リンク