文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2022年度

「戦略的ヘッジング」の再検討を通じた中小国外交分析枠組の模索(2022_1_40_003)

概要

本研究会は、圧倒的な軍事的・経済的力を持つ大国(great powers)との相対的な格差によって定義される中小国(smaller states)の外交政策をより良く説明する分析枠組みを探究しようとするものであり、その足掛かりとして「戦略的ヘッジング(strategic hedging)」の概念に注目する。戦略的ヘッジングに関しては2010年代初頭から百家争鳴状態にあるが、①主に超大国以外の大国(second-tier state)を対象とし、②アジア太平洋および東南アジアの一部の国々を例として、③パワー(軍事力と経済力)によって概念化するという特徴が見て取れる。 本研究では「戦略的ヘッジングで、アジア太平洋以外の中小国の外交も説明できるのか」という問いを立て、中小国の対大国外交の分析を通じて、戦略的ヘッジングという分析枠組みの説明力とその限界を検討する。

期間

2022年4月~2023年3月

研究代表者

青木 まき

研究成果

基礎理論研究会成果報告書