文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
発展途上国研究奨励賞

発展途上国研究奨励賞

ジェトロ・アジア経済研究所では1963年より、日本の発展途上国研究の水準向上と研究奨励を目的に、途上国研究に関する優秀図書、論文を選定、表彰しています。

本ページに関するお問い合わせ先

ジェトロ・アジア経済研究所 研究イベント課
Tel:043-299-9536
FAX:043-299-9726
E-mail:shourei

お知らせ・記者発表

第40回「発展途上国研究奨励賞」受賞作品決定について

「発展途上国研究奨励賞」は、途上国・新興国に関する社会科学およびその周辺分野の調査研究水準の向上と研究奨励に資することを目的として、昭和55(1980)年度に創設したもので、今回は40回目となります。

ジェトロ・アジア経済研究所は、2017年10月~2018年9月の1年間に公刊された図書、論文など発展途上国・新興国の経済、社会などの諸問題を調査、分析した著作29点の中から次の2点を選定しました。29点は大学や出版社等から推薦されたもので、田中明彦政策研究大学院大学学長を委員長とする選考委員会が選考しました。

記者発表(418KB)

表彰式は7月1日(月曜)午後1時30分より、ジェトロ・アジア経済研究所にて開催され、受賞者による講演(約30分)が行われます。

第40回(2019年度)受賞作品

書籍:サルゴフリー 店は誰のものか:イランの商慣行と法の近代化

『サルゴフリー 店は誰のものか:イランの商慣行と法の近代化』 (平凡社)

著者 岩﨑 葉子 日本貿易振興機構アジア経済研究所 開発研究センター 企業・産業 研究グループ長

サルゴフリーとは、イランの商業地で売買される店舗用益権の呼称である。サルゴフリーを購入した店子(店舗貸借人)はほぼ恒久的にそこを占有・使用することができる。本書は、サルゴフリーの売買にまつわるイランの商慣行が、二十世紀初頭から現在までのおよそ百年の間に、それをめぐる法律とともにどのような歴史的変遷を辿ったかを論じるものである。もともと店子(店舗貸借人)どうしの間だけにあったこの権利の売買慣行に、ある「近代法」が介入し、地主(店舗所有者)までもがその取引に巻き込まれていくことにより、慣行全体が変容を遂げ、あらたな経済システムが出来上がっていく。本書がこのサルゴフリーの物語に光を当てるのは、それがじつは、イスラーム法と西欧近代法との「不測」の軋轢とその克服というべききわめて貴重な歴史的経験にほかならないからである。イスラーム世界の法と経済の相克を描く画期的研究。

書籍:エ・クウォス――南スーダン・ヌエル社会における予言と受難の民族誌

エ・クウォス――南スーダン・ヌエル社会における予言と受難の民族誌』(九州大学出版会)

著者 橋本 栄莉 立教大学 文学部 准教授

本書は、スーダン地域における「予言者」の歴史的生成過程を明らかにするとともに、ヌエル社会において語り継がれてきた予言が、人びとの紛争経験や出来事をどのように形づくってきたのかを、約19か月の現地調査に基づき明らかにしようとするものである。19世紀に存在したヌエルの予言者ングンデンによってつくられた予言の歌は、現在に至るまで歌い継がれ、ヌエルの人びとが苦難の経験を語るすべとなってきた。「エ・クウォス」とは、ヌエルの人びとがさまざまな出来事に直面した際に「予言が成就した」という意味合いで用いる表現である。本書は、内戦、平和構築、悲願の国家独立、そして再び内戦へと突入する南スーダンの動乱の時代に、予言者への信念と疑念の間で揺れるヌエルの人びとが、さまざまな想像力とともに不幸や不条理を語る技法を探究したものである。

お問い合わせ先
ジェトロ・アジア経済研究所 研究推進部 研究イベント課
Tel: 043-299-9536
Fax: 043-299-9726
E-mail:shoureiE-mail