文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
発展途上国研究奨励賞

発展途上国研究奨励賞

ジェトロ・アジア経済研究所では1963年より、日本の発展途上国研究の水準向上と研究奨励を目的に、途上国研究に関する優秀図書、論文を選定、表彰しています。
(※1963年~1979年「優秀論文賞」、1980年より「発展途上国研究奨励賞」)

本ページに関するお問い合わせ先

ジェトロ・アジア経済研究所 研究イベント課
Tel:043-299-9536
FAX:043-299-9726
E-mail:shourei

お知らせ・記者発表

第41回「発展途上国研究奨励賞」受賞作品決定について

2020年6月22日

「発展途上国研究奨励賞」は、途上国・新興国に関する社会科学およびその周辺分野の調査研究水準の向上と研究奨励に資することを目的として、昭和55(1980)年度に創設したもので、今回は41回目となります。

ジェトロ・アジア経済研究所は、2018年10月~2019年9月の1年間に公刊された図書、論文など発展途上国・新興国の経済、社会などの諸問題を調査、分析した著作37点の中から、次の2点を選定しました。37点は大学や出版社等から推薦されたもので、田中明彦政策研究大学院大学学長を委員長とする選考委員会が選考しました。

記者発表(391KB)

表彰式は7月1日(水曜)午後5時00分より、オンラインで開催され、受賞者による講演(約30分)が行われます。

第41回(2020年度)受賞作品

書籍:現代中国における「イスラーム復興」の民族誌

『現代中国における「イスラーム復興」の民族誌:変貌するジャマーアの伝統秩序と民族自治』(明石書店)

著者 澤井 充生 東京都立大学人文社会学部助教

文化大革命終了後の改革・開放政策により、1980年代以降、中国各地で「イスラーム復興」が開花する。本書は、それに伴う清真寺を中心とするジャマーアの秩序形成に見られる変容と、共産党主導の国民統合とムスリム少数民族との政治力学について考察する。

書籍:幸運を探すフィリピンの移民たち

『幸運を探すフィリピンの移民たち:冒険・犠牲・祝福の民族誌』(明石書店)

著者 細田 尚美 長崎大学多文化社会学部准教授

フィリピン国民の1割が国外で働いていると言われるが、彼らの移動は経済的な理由だけで説明可能なのか。同国の歴史的・地域的背景を明らかにしながら、「幸運探し(サパララン)」のために移動する人々の姿を描き出し、労働移動を捉える新たな側面を提示する。
担当部課

ジェトロ・アジア経済研究所 研究推進部 研究イベント課 発展途上国研究奨励賞担当
TEL: 043-299-9536 FAX: 043-299-9726
 E-mail: shourei