文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究者のご紹介

菊田 恭輔

菊田 恭輔 KIKUTA Kyosuke

菊田 恭輔 KIKUTA Kyosuke
[所属・役職] 地域研究センター アフリカ研究グループ  
[専門分野] 国際関係論、紛争研究、政治学方法論 
研究者情報(学歴・経歴・業績一覧)

研究歴

発展途上国の紛争についてデータを使った分析を行ってきました。2019年にテキサス大学オースティン校PhD課程を修了し、2019年から2022年まで大阪大学国際公共政策研究科に勤めていました。統計的因果推論法や地理情報データを用いて、気候変動が紛争に与える影響を分析してきました。近年では、視野を広げて、因果推論法を使った紛争の分析を幅広く行っています。研究成果を国際的なジャーナルに掲載し、紛争研究の知見を広げることをライフワークと考えています。

現在取り組んでいるテーマ

最近では、回帰不連続法などの統計的因果推論法を使って、マクロレベル(ある地域での紛争の発生など)とミクロレベル(個人の紛争に対する態度など)のデータを組み合わせた分析を行っています。あるプロジェクトでは、ヨーロッパのプロサッカーリーグに在籍しているアフリカ人選手の活躍が、彼らの母国での紛争にどのように影響しているのか分析しました。その際に、国や地域レベルの紛争データを使うだけでなく、世論調査のデータも組み合わせて、因果メカニズムを解明しました。今後も、紛争研究のよりミクロな分析をしていきたいと思っています。

関連するリンク