文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2019年度

転機の“一帯一路”構想と日本、中国 (2019_1_10_002)

概要

2018年度の「『一帯一路』構想の展開と日本・中国への影響」研究会の問題意識を継承し、内外の情勢変化により転機を迎えている同構想について、実態に即した研究・分析を行う。研究方法としては、第1に、構想の現状を把握するため、中国企業、日本企業の一帯一路関係国への投資についてケーススタディを行う。第2には、引き続き内外シンクタンク・研究機関とのネットワークづくりを進め、問題認識を同じくする機関と共同研究を行う。第3には、以上の研究に基づいて「第三国における日中民間経済協力」の可能性を検討する。

期間

2019年4月~2020年3月

研究会メンバー
[ 主査 ] 大西 康雄
[ 幹事 ] 箱崎 大
[ 委員 ] 田中 修
[ 委員 ] 荒井 悦代
[ 委員 ] 丁 可
[ 委員 ] 熊倉 潤
[ 委員 ] 天野 真也
[ 委員 ] 白石 隆(熊本県立大学)
[ 委員 ] 末廣 昭(学習院大学)
[ 委員 ] 川島 真(東京大学)
[ 委員 ] 丸川 知雄(東京大学)
[ 委員 ] 北野 尚弘(早稲田大学)
[ 委員 ] 志賀 裕朗(JICA研究所)
研究成果