文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

レポート・出版物

フリーワード検索

レポート・出版物を、地域・国別、テーマ別、発行年別、シリーズ別に検索できます。

アジア国際産業連関表の評価と応用可能性

No.642

『アジア国際産業連関表の評価と応用可能性』
桑森 啓 編 / 3,960円(本体価格 3,600円) / 2020年3月発行 / ISBN978-4-258-04642-3
多くの統計情報を用いて作成される国際産業連関表はどの程度精確なのか。本書では、アジア国際産業連関表を対象として、さまざまな統計との比較を通じ、その妥当性の評価や統計データとしての特徴を明らかにすることを試みる。

アフリカ女性の国際移動

No.641

『アフリカ女性の国際移動』
児玉 由佳 編 / 5,280円(本体価格 4,800円) / 2020年3月発行 / ISBN978-4-258-04641-6
サブサハラ・アフリカ出身女性の国際移動の多数性は、本人、出身国、移動先国という3つの要因の相互作用のなかから生まれる。本書では、事例研究を通じてその実態を明らかにする。

タイ2019年総選挙

No.32

『タイ2019年総選挙――軍事政権の統括と新政権の展望――』
青木 まき 編 / 2020年3月発行 / ISBN978-4-258-30032-7
2019年3月24日、タイでは8年ぶりとなる下院総選挙が行われた。2014年の軍事クーデタ以後はじめてのこの選挙は、軍事政権が政党として選挙に参加し、政権の座に返り咲くという結果に終わった。本研究はこの選挙結果を2014年以降のタイにおける軍事政権の統治から説き起こし、今後のタイ政治を展望するための視座を提供する。

変容するASEANの商業銀行

No.56

『変容するASEANの商業銀行』
三重野 文晴 編 / 2,860円(本体価格 2,600円) / 2020年3月19日発行 / ISBN978-4-258-29056-7
アジア金融危機から20年、混乱の中核にいたASEANの商業銀行は、アジアの経済成長や世界金融危機を経て、どのように変容したのか。金融データと国別研究から探る。

東アジアの人文・社会科学における研究評価

No.55

『東アジアの人文・社会科学における研究評価――制度とその変化――』
佐藤 幸人編 / 2,860円(本体価格 2,600円) / 2020年3月17日発行 / ISBN978-4-258-29055-0
研究をどう評価すべきか。たとえば、本1冊と論文3本では、どちらを高く評価するのか。こうした問題に興味をもつならば、本書から東アジアの人文・社会科学の取組みを知ってほしい。