文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究者のご紹介

早川 和伸

早川 和伸 HAYAKAWA Kazunobu

開発研究センター 経済地理研究グループ

専門分野:
国際貿易、直接投資、空間経済学

略歴

学歴
2003年3月 慶應義塾大学経済学部卒業(経済学学士)
2005年3月 慶應義塾大学経済学研究科修士課程修了(経済学修士)
2008年3月 慶應義塾大学経済学研究科博士課程修了(経済学博士)
職歴
2005年4月-2008年3月 慶應義塾大学経済学部 助教
2008年4月-2011年3月 アジア経済研究所 新領域研究センター
2011年4月-2015年6月 日本貿易振興機構 バンコク事務所
2015年7月-2016年8月 アジア経済研究所 新領域研究センター
2016年9月-2018年8月 アジア経済研究所 海外派遣員(シンガポール)
2018年9月- アジア経済研究所 開発研究センター


その他
2015年1月- Asian Economic Journal」編集委員
2018年10月- The Developing Economies」編集委員

主な著作

  • Hayakawa, K., Laksanapanyakul, N., and Yoshimi, T., 2019, How Does Import Processing Time Impact Export Patterns?, The World Economy, 42(7): 2070-2088.
  • Hayakawa, K., Urata, S., and Yoshimi, T., 2019, Choosing between Multiple Regional Trade Agreements: Evidence from Japan's Imports, Review of International Economics, 27(2): 578-593.
  • Hayakawa, K., Laksanapanyakul, N., Mukunoki, H., and Urata, S., 2019, Impact of Free Trade Agreement Use on Import Prices, World Bank Economic Review, 33(3): 643–660.
  • Hayakawa, K., Kim, H., and Yoshimi, T., 2017, Exchange Rate and Utilization of Free Trade Agreements: Focus on Rules of Origin, Journal of International Money and Finance, 75: 93-108.
  • Hayakawa, K., Laksanapanyakul, N., and Urata, S., 2016, Measuring the Costs of FTA Utilization: Evidence from Transaction-Level Import Data of Thailand, Review of World Economics, 152(3): 559–575.
  • Hayakawa, K. and Matsuura, T., 2015, Trade Liberalization in Asia and FDI Strategies in Heterogeneous Firms: Evidence from Japanese Firm-level Data, Oxford Economic Papers, 67(2): 494–513.
  • Hayakawa, K., Kimura, F., and Machikita, T., 2012, Globalization and Productivity: A Survey of Firm-level Analysis, Journal of Economic Surveys, 26(2): 332–350.

CV