文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
途上国の今を知る

IDEスクエア

コラム

続・世界珍食紀行

 
第10回 ベトナム――「元気ハツラツ」じゃなかったハノイの卵コーヒー

PDF版ダウンロードページ:http://hdl.handle.net/2344/00050763

2019年3月

(1,932字)

10数年前からその存在は知っていた。しかし、どうせ不味いと決めつけていたので、試そうという気はまったく起こらなかった。ハノイの卵コーヒーの話である。  

おそらくそれは、筆者が子供の頃に流れていた、「元気ハツラツ」になるという炭酸栄養ドリンクのテレビCMの記憶のせいである。そのCMでは、「おすすめの飲み方」として、生の卵黄の入ったコップにそのドリンクを注ぎスプーンでかき混ぜたものを、コメディアンの大村崑が笑顔で美味しそうに飲んでいた。しかし、テレビに映るその濁った液体が、筆者にはどうしても美味しいものには見えなかった。卵コーヒーもあんな類の飲み物であろうと、勝手に想像していた。  

荒神(2019) に詳しいが、ベトナムは世界第2位の輸出量を誇るコーヒー大国である。ベトナムのコーヒーは苦味の強い独特の味がする。独自のカフェ文化も根付いており、そんなベトナムで筆者の知らないコーヒーの味わい方があっても不思議ではない。でもまあ、無理に口にしなくても、他に美味しいものがベトナムにはたくさんあるのだし、というのが卵コーヒーに対する筆者の長年の姿勢であった。  

とはいえ、これまで卵コーヒーを飲むチャンスがなかったわけではない。本稿執筆時から6年ほど前、卵コーヒーで有名な、ハノイの旧市街にあるCafe Pho Co(直訳すると「旧市街カフェ」)という隠れ家のような古いカフェに行った際、一緒に出張していた同僚が卵コーヒーを注文したのである。  

その時初めて見た卵コーヒーは、長らく想像していたものと見た目が大きく異なっていた。色が少々強烈ではあるが、カプチーノのようなと言えなくもない泡が乗っている。この泡が卵からできているのか?と好奇心が大いに膨らみ、なんなら一口ぐらい飲ませてもらおうと思ったほどであったが、その同僚の感想が「まあ、飲めなくはないですね」だったために、好奇心はあっさりしぼんでしまった。

写真:卵コーヒー

写真1 卵コーヒー

そのカフェは、屋上のテラス席から見えるハノイ中心部ホアンキエム湖の風景も名物であったが、隣家がその風景を遮るように家を増築し、あろうことか、屋上でカフェまで経営し始めてしまった。そんなこともあり、なんとなく足が遠のいていたのだが、つい最近、ハノイ出張中にたまたま一緒になった同僚がハノイは初めてというので、珍しいものを見せようとCafe Pho Coの卵コーヒーを紹介した。  

ところが、「ネットで紹介されているのを見たことがある」とその同僚は言う。ハノイを訪れたことのある若い女子を中心に、すでに多くの人の間で卵コーヒーは有名になっているらしい。ならばと意を決して実際に飲んでみると、拍子抜けするほど美味しい。コーヒーの上に乗っている泡はクリームブリュレ風の味がする(確かに材料は同じだ)。エスプレッソとクリームブリュレを同時に味わえる飲み物、と書いて美味しさが伝わるかどうかわからないが、とにかくそんな味である。  

すでにネットで多くの人たちにこの美味しさが紹介されているのが悔しい。10数年前から知っていたんだぞ!と今さら言ってみても後の祭りである。もしかしたら、昔は筆者の想像通り不味かったのかもしれない。いや、不味かったに違いない。手の届かないブドウは酸っぱいに決まっている。  

振り返れば、同じように、重要ではないと決めつけて筆者が注目しなかった現象や取り組まなかった研究テーマはいくつもあるはずである。先入観や固定観念を批判的に検討するのが社会科学の重要な使命ではなかったか。最後にカップの底に沈んだ苦いコーヒーをすすりながら、己の研究者としての未熟さを深く恥じ入ったのであった。  

反省も込めて、次は卵入りの「元気ハツラツ」の方にも挑戦しなければならない。

写真:この狭い通路の先にCafe Pho Coがある。

写真2 この狭い通路の先にCafe Pho Coがある。

写真:Cafe Pho Coで卵コーヒーを飲む女子たち

写真3 Cafe Pho Coで卵コーヒーを飲む女子たち
著者プロフィール

坂田正三(さかたしょうぞう)。アジア経済研究所バンコク研究センター次長。専門はベトナム地域研究。主な著作に、『ベトナムの「専業村」――経済発展と農村工業化のダイナミズム』(研究双書No.628)アジア経済研究所 2017年、「ベトナムの農業機械普及における中古機械の役割」小島道一編『国際リユースと発展途上国――越境する中古品取引』(研究双書No.613)アジア経済研究所 2014年、など。

参考文献
写真の出典
  • 写真1~2 筆者撮影
  • 写真3 山下惠理氏撮影
【連載目次】

続・世界珍食紀行