文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2019年度

環境・食品規制・スタンダードと貿易 (2019_2_40_015)

概要

近年製品や製造過程の健康・安全・環境にかかわる規制やスタンダードは、先進国・途上国で増加している。スタンダードは、貿易を促進する働きもあるが、同時に貿易阻害的な働きもする。しかし、既存研究から、スタンダードが貿易に与える影響は、各産業、スタンダード、製品により様々であり、一つの処方箋で影響を予測することができないことが示されている。スタンダードが貿易に与える影響を知るためには、メカニズムを分解して掘り下げて検討することが不可欠である。本研究会では、これまであまり検討されてこなかった4つのメカニズムについて分析を行う。1つは貿易に与える政策・スタンダード波及の影響、2つ目は、公的規制と民間スタンダードの相互関係が貿易に与える影響、3つ目は、中国に代表されるように途上国が輸入国になる場合、途上国のスタンダードが貿易に与える影響、最後に、アジアにおける民間スタンダードの需要に関する検討である。

期間

2019年4月~2021年3月

研究会メンバー
[ 主査 ] 道田 悦代
[ 幹事 ] 箭内 彰子
[ 委員 ] Humphrey, John (University of Sussex)
[ 委員 ] 雷 蕾
[ 委員 ] 张晖(Nanjing Forestry University准教授)
研究成果
  • 外部投稿(IDE Research BulletinおよびDiscussion Paper)