文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究者のご紹介

渡邉 雄一

渡邉 雄一 WATANABE Yuichi

渡邉 雄一 WATANABE Yuichi
[所属・役職] 地域研究センター 東アジア研究グループ
[専門分野] 少子高齢化と社会保障の経済分析、韓国経済
[email] yuichi_watanabe E-mail
English page

研究歴

韓国経済全般に関する動向分析をはじめ、アジア通貨危機後の財政運営、産業政策の検証、若年層の就業や世帯・家族形成に関する日韓比較、学歴社会における高等教育の経済便益に関する実証分析など、韓国経済・社会に関わる幅広い研究をこれまでに行ってきました。近年では、日韓が直面する共通の問題や課題のうち、少子高齢化という人口構造の変化やそのマクロ経済への影響、所得格差や再分配政策の動向、高齢者の就業や貧困リスク、シルバー産業の成長可能性、医療・健康政策における諸問題などを中心に研究活動を行っています。

現在取り組んでいるテーマ

現在は以下のようなテーマの研究に取り組んでいます。(1)韓国・文在寅政権の社会保障政策と財政負担の問題、(2)韓国における医療格差の測定と要因分解-日本への示唆、(3)韓国における健康保険改革の効果検証-医療費支出と受診行動、医療格差への影響、(4)特定健診の受診と医療受診行動および医療費支出の関係。