文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究者のご紹介

新谷 春乃

新谷 春乃 SHINTANI Haruno 

新谷 春乃 SHINTANI Haruno 
[所属・役職] 地域研究センター 東南アジアⅡ研究グループ
[専門分野] カンボジア地域研究 
[email] Haruno_Shintani@ide.go.jp
English page

略歴

学歴
2011年3月 東京外国語大学外国語学部カンボジア語専攻卒業
2013年3月 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻 修士課程修了
2020年3月 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻 博士課程修了
職歴
2013年4月-2016年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2016年4月-2017年3月 日本貿易振興機構・アジア経済研究所 リサーチアソシエイト
2020年4月-2021年3月 日本学術振興会 特別研究員(PD)
2020年10月-2021年3月 清泉女子大学地球市民学科 非常勤講師
2021年4月-現在 日本貿易振興機構・アジア経済研究所 地域研究センター 東南アジアII研究グループ 研究員
2021年4月-現在 早稲田大学文化構想学部 非常勤講師

主な著作

論文
  • 「現代カンボジアにおける政治指導者像構築の試み: 国定歴史教科書と2013年選挙キャンペーンの分析を中心として」、『AGLOS: Journal of Area-Based Global Studies』、Special Edition 2014、上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科、2015。
  • 「自国史の再編 : カンプチア人民共和国体制下におけるカンボジア史叙述の検討を通して」、『年報地域文化研究』、19、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻、2016。
  • 「クメール共和国期(1970-75年)における自国史の再編:体制転換後の政治と言論環境に注目して」、『東南アジア:歴史と文化』、47、東南アジア学会、2018。
  • 「若者たちと選挙:締めつけと取り込みのはざまで」、『(機動研究中間報告)カンボジア:最大野党不在の2018 年総選挙』、アジア経済研究所、2019。
  • 「若年層に対する人民党の諸戦略:締め付け、取り込み、記憶の政治」、初鹿野直美編『カンボジアの静かな選挙:2018年総選挙とそれに至る道のり』、情勢分析レポートNo.31、アジア経済研究所、2020。
  • 「独立後カンボジアにおける自国史叙述の展開(1953-2018年)」、博士論文(東京大学、学術)、2020。

その他

所属学会

東南アジア学会

E-mail

Haruno_Shintani E-mail