文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2020年度

アジアにおける関税変化の経済効果(2020_2_40_012)

概要

2000年以降、地域貿易協定等の締結により、アジア・太平洋地域では急速に貿易の自由化が進んでいる。本研究会では、東アジア・東南アジア9カ国について、こうした貿易の自由化、とくに関税率の低下が、各国経済に与えた影響を多角的に分析する。各国とも関税率の影響を分析対象とするが、具体的な影響先には、それぞれの国で重要と考えられる事象が選ばれる。これにより、東アジア・東南アジアにおける関税率の経済効果について、包括的な結果を提示したい。

期間

2020年4月~2022年3月

研究会メンバー
[ 主査 ] 浦田 秀次郎
[ 幹事 ] 早川 和伸
[ 委員 ] 田中 清泰
[ 委員 ] Pyun, Ju Hyun (高麗大学ビジネススクール 准教授)
[ 委員 ] Dai Mi (北京師範大学 准教授)
[ 委員 ] Yang Chih-ha i (台湾国立中央大学 教授)
[ 委員 ] Kyophilavong Phouphet (ラオス国立大学 准教授)
[ 委員 ] Negara Siwage Dharma (東南アジア研究所 主任研究員)
[ 委員 ] Lee Cassey (東南アジア研究所 主任研究員)
[ 委員 ] Dinh Chuc Nguyen (ベトナム社会科学院 地域持続的開発研究所 所長)
[ 委員 ] Sudsawasd Sasatra (タイ国立開発行政研究院 准教授)
研究成果
  • The Developing Economies (DE)