文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2019年度

メキシコとキューバ:ラテンアメリカの長期安定権威主義体制の経験 (2019_2_40_001)

概要

本研究会では、ラテンアメリカで最も長期にわたり権威主義体制を存続させたメキシコと、2番目に長期間継続しているキューバの事例をとりあげ、両国の体制が長期にわたって継続した(している)要因を、体制確立までの時期と、その後制度化が完了した時期に分けて探る。近年の比較政治学の主な関心の一つに、権威主義体制の長期的存続の要因があるが、ラテンアメリカ政治研究の立場から、この問いに答えようとするものである。

期間

2019年4月~2021年3月

研究会メンバー
[ 主査・ 幹事 ] 山岡 加奈子
[ 委員 ] 村上 勇介(京都大学 東南アジア地域研究所教授)
研究成果
  • アジア経済