文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究者のご紹介

山口 真美

山口 真美 YAMAGUCHI Mami

山口 真美 YAMAGUCHI Mami
[所属・役職] 新領域研究センター ジェンダー・社会開発研究グループ
[専門分野] 中国地域研究(社会経済)、労働移動、社会学
[email] Mami_Yamaguchi E-mail
研究者情報(学歴・経歴・業績一覧)
English page

研究歴

中国を対象に、経済発展と共に急速に変化する社会を、主に人の移動を切り口に研究してきました。経済成長と共に工業化、都市化が進展し、進学や就職という形で人々が都市に集まるのはどの国にも普遍的な現象ですが、そのあり方にその国、その社会それぞれの歴史や特徴が現れます。

労働者が仕事を求めて地域間を移動する。滞在先で家族を形成したり、故郷から呼び寄せたりする。すると、社会保障や就学などの公共サービスが必要になりますが、社会主義中国ではこれらは戸籍制度に基づいており、自由に移動する人々に対応していなかったのを、人々はこれまでいろいろな形で克服、対処してきました。その過程にみられる、都市化、社会移動、産業移転、労働運動、社会運動など、政府の取り組みのみならず社会の様々な領域の人々の主体的な取り組み、さらに両者の相互作用によって社会が変容する様子を観察、研究してきました。

現在取り組んでいるテーマ

ひとつは、これまでも注目してきた中国の国内労働移動に伴う個人の社会階層移動と、中国の都市化の行方です。とりわけ、2010年以降、工場で働く農民工によるストが全国で発生し、労使交渉を経て賃金アップや労働条件の改善につながるケースが増えています。こうした労働者の待遇改善の現状と、各地の中小都市で先行的に推進されている戸籍制度改革による外地出身者への戸籍付与の結果、農民工の社会移動にどのような可能性と変化が生じているのかに注目しています。

もうひとつは、同じく移動する人々ですが、日本で働き、生活する外国人をめぐる問題にも関心を持っています。その中には、中国出身者も多く、国内移動と同様に日本社会への定住と定着も進んでいます。階層分化する移住労働者はどのようなニーズを抱え、どのように社会的に受容していくのか、越境する地域研究を展開していきたいと思っています。