文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究者のご紹介

南波 聖太郎

南波 聖太郎 NAMBA Seitaro

南波 聖太郎 NAMBA Seitaro
[所属・役職] 地域研究センター 東南アジアⅡ研究グループ
[専門分野] ラオス地域研究、ラオス現代史
[email] Seitaro_Namba@ide.go.jp
English page

略歴

学歴
2010年3月 東京外国語大学 外国語学部 東南アジア課程 ラオス語専攻 卒業
2012年3月 東京外国語大学大学院 総合国際学研究科 博士前期課程 地域・国際専攻 地域研究コース 修了
2018年4月 東京外国語大学大学院 総合国際学研究科 博士後期課程 国際社会専攻 単位取得満期退学
2020年10月 博士号取得(東京外国語大学,学術)
職歴
2014年4月-2016年3月 日本学術振興会 特別研究員 DC2
2016年8月-2017年3月 国立国会図書館 調査及び立法考査局 非常勤調査員
2017年4月-2020年3月  ジェトロ・アジア経済研究所 地域研究センター 動向分析研究グループ リサーチ・アソシエイト
2019年10月-2021年3月 東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 非常勤講師
2020年4月‐2021年3月 外務省 国際情報統括官組織 専門分析員
2021年4月-現在 ジェトロ・アジア経済研究所 地域研究センター 東南アジアⅡ研究グループ 研究員
2021年4月-現在 東京外国語大学 非常勤講師

主な著作

論文
  • 「ラオスにおける社会主義と中立主義の相克:デタント期社会主義陣営の最辺境における解放区の多元的展開(1945-1975)」(博士学位論文),2020年10月.
  • 「ラオスにおける解放区の成立過程:1950年代におけるパテート・ラオの対ベトナム民主共和国・対ラオス王国戦略の変遷を中心に」『東南アジア研究』55(1): 3-38, 2017年.
  • 「ラオスにおける冷戦末期の社会主義国家建設:建国からチンタナカーン・マイ、ピアンペーン・マイまで(1975-1986年)」『言語・地域文化研究』19: 241-257, 2013年.
その他
  • 「2020年のラオス:感染症拡大抑制に成功するも経済成長は大幅減速」アジア経済研究所(編)『アジア動向年報2020』,241-260, 2021年.
  • 「2019年のラオス:党大会準備の本格化と経済の漸進的改革」アジア経済研究所(編)『アジア動向年報2020』,241-260, 2020年.
  • 「2018年のラオス:過去最大のダム決壊事故の発生と党大会準備の開始」アジア経済研究所(編)『アジア動向年報2019』, 262-272, 2019年.
  • 「2017年のラオス:開発の弊害解消に向けた試みと深化する対中関係」アジア経済研究所(編)『アジア動向年報2018』, 266-274, 2018年.

その他

所属学会

東南アジア学会, アジア政経学会

E-mail

Seitaro_Namba E-mail