文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究者のご紹介

内藤 寛子

内藤 寛子 NAITO Hiroko

地域研究センター 東アジア研究グループ

専門分野:
現代中国政治、比較政治学

略歴

学歴
2009年9月 慶應義塾大学 総合政策学部卒業(学士(総合政策))
2010年8月-2011年7月 公益財団法人霞山会助成金および中国政府奨学金留学生として北京大学留学
2012年3月 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科修了(修士(政策・メディア))
2017年2月 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科より学位授与(博士(政策・メディア))
職歴
2014年8月-2015年12月 ハーバード燕京研究所 訪問研究員
2016年4月-2017年3月 一般財団法人世界政経調査会国際情勢研究所 非常勤研究員
2017年4月-2020年3月 東北大学東北アジア研究センター助教

主な著作

  • Hiroko Naito and Machikenaite Vida eds., (forthcoming) State Capacity Building in Contemporary Chinese Politics, Springer.
  • Hiroko Naito, "The Political Role of the People’s Court and Authoritarian Regime Resilience: The Revision of the Environmental Protection Law in China", Issues & Studies, December 2017 (Peer Review)
  • 内藤寛子「労働争議処理手続きの制度化にみる中国共産党の適応能力」『KEIO SFC JOURNAL』第16巻、88-109頁、2016年12月〈査読あり〉
  • 内藤寛子「政治体制改革の継承と発展-省レベルにおける政法委員会の改組状況に着 目して-」『国際情勢』第87巻、43-54頁、2016年度
  • 内藤寛子「1980 年代以降の党・法院関係の制度化と中国共産党の支配の正当性」『中国研究論叢』第13号、5-27頁、2013年9月〈査読あり〉

その他

所属学会

アジア政経学会、日本比較政治学会、Association for Asian Studies

E-mail

Hiroko_NaitoE-mail