文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究者のご紹介

石黒 大岳

石黒 大岳 ISHIGURO Hirotake

地域研究センター 中東研究グループ

専門分野:
比較政治学、中東政治(湾岸アラブ諸国)

略歴

学歴
1999年3月 九州大学文学部史学科卒業
2005年3月 九州大学大学院人文科学府修士課程修了
2011年3月 神戸大学大学院国際文化学研究科博士後期課程修了(学術博⼠)
職歴
2006年11月-2009年3月 公益財団法人中東調査会協力研究員
2009年4月-2011年3月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2011年4⽉-2012年3⽉ 神⼾⼤学⼤学院国際⽂化学研究科異⽂化研究交流センター学術推進研究員
2011年4⽉-2012年3⽉ 神⼾⼤学・⼤阪国際⼤学⾮常勤講師
2012年4⽉-2013年3⽉ 九州⼤学⼤学院⼈⽂科学研究院助教
2013年4月 アジア経済研究所入所 地域研究センター中東研究グループ研究員
2018年11月-2019年4月 在カタール海外派遣員/ハマド・ビン・ハリーファ大学大学院人文科学研究科客員
2019年5月-2019年8月 在カタール海外派遣員/ジョージタウン大学カタール校外交国際関係学部客員
2019年8月-2020年4月 在クウェート海外派遣員/湾岸科学技術大学人文学部客員
2020年5⽉- 現職
その他
2005年9⽉-2006年8⽉ クウェート⼤学言語センター・アラビア語課程留学(クウェート国政府国費留学生)

主な著作

単行書
論文
分担執筆・報告書
  • 「サウジアラビア「ビジョン2030」とサルマーン体制の課題」『中東情勢・新地域秩序:安全保障政策のリアリティ・チェック―新安保法制・ガイドラインと朝鮮半島・中東情勢―』(平成28年度外務省・外交・安全保障調査研究事業報告書)、日本国際問題研究所、2017。
  • 「湾岸地域の安全保障―サウジアラビアの外交安全保障行動の規定要因とイラン核合意後の対応」『中東情勢・新地域秩序:安全保障政策のリアリティ・チェック―新安保法制・ガイドラインと朝鮮半島・中東情勢―』(平成27年度外務省・外交・安全保障調査研究事業報告書)、日本国際問題研究所、2016。
  • "Muslim brotherhoods in the Gulf countries: Political participation and its consequences in Kuwait," in Revisiting Islamism in the Middle East after the 'Arab Spring', ed. Takayuki Yokota, SIAS Working paper series No. 25, Institute of Asian Cultures-Center for Islamic Studies, Sophia University, 2015.
  • 「バハレーン⺠主化プロセスの10年と野党のジレンマ」、⽔⾕周編『アラブ⺠衆⾰命を考える』 国書刊⾏会、2011。

共同研究・競争的研究資金(主査・研究代表者)

  • 「権威主義体制における分配政治の変容とアカウンタビリティ改革:中東諸国の比較研究」 科研費基盤研究(B) 課題番号: 19H01454(2019年4月-2022年3月)
  • 「現代アラブ君主制における正統性原理の変容と再興―イスラーム主義との相克」 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用・共同研究課題(2019年4月-2022年3月)
  • 「民主化プロセスにおける司法府の役割:中東イスラーム諸国の比較研究」 科研費基盤研究(B) 課題番号:15H03318(2015年4月-2019年3月)
  • 「アラブ君主制国家の存立基盤」 アジア経済研究所 課題番号:FY2014 C-11/ FY2015 C-4(2014年4月-2016年3月)
  • 「権威主義体制のガバナンス向上と議会の役割に関する比較研究―湾岸産油国を中心に」 科研費若手研究(B) 課題番号:24730115(201年4月-2015年3月)

その他

所属学会

日本中東学会、日本比較政治学会、日本政治学会、日本国際政治学会、日本選挙学会
Association for Gulf and Arabian Peninsula Studies, Middle East Studies Association, International Political Science Association

E-mail

Hirotake_Ishiguro E-mail