文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究者のご紹介

猪俣 哲史

猪俣 哲史 INOMATA Satoshi

新領域研究センター・上席主任調査研究員

専門分野:
産業連関分析

研究者インタビュー:
猪俣 哲史 研究者インタビュー

略歴

学歴

1990年6月 英国 ロンドン大学政治学部学士課程 修了。
1991年7月 英国 オックスフォード大学大学院経済学部修士課程 修了。
2014年3月 一橋大学博士課程(経済学) 修了。

職歴

1991年 アジア経済研究所入所。調査企画室配属。
1992年 アジア経済研究所 統計調査部統計企画解析課配属。
2000年~2002年 ロンドン大学客員研究員。
2006年 アジア経済研究所 開発研究センター ミクロ経済分析研究グループ長
2011年 アジア経済研究所 開発研究センター 国際産業連関分析研究グループ長
2013年 アジア経済研究所 開発研究センター 上席主任調査研究員
2017年~ 現職

その他の活動

国際産業連関学会 会長(2019年1月~)
Global Value Chain Development Report 編集委員(2016年3月~)
国際産業連関学会誌 Economic Systems Research 編集委員(2012年10月~)


主な著作

書籍
  • Escaith, H. and S. Inomata eds. (2011), Trade Patterns and Global Value Chains in East Asia, WTO/IDE-JETRO, WTO Publication, Geneva.
  • Inomata, S. ed. (2011), Asia beyond the Global Economic Crisis, Edward Elgar, Cheltenham
  • 猪俣哲史 著(2019)、『グローバル・バリューチェーン ―新・南北問題へのまなざし』、日本経済新聞出版社.
  • ユベール・エスカット、猪俣哲史 共編著(2011)、『 東アジアの貿易構造と国際価値連鎖』、WTO/IDE-JETRO、日本貿易振興機構アジア経済研究所.
論文(直近5年間、Working paper/内部報告書を除く)
  • Inomata, S., and D. Taglioni (2019), "Technological progress, diffusion, and opportunities for developing countries: Lessons from China", Global Value Chain Development Report 2019, Chapter 4, World Trade Organization, Geneve.
  • Inomata, S. (2017), "Multi-country Supply and Use Tables and Input-Output Tables", in Handbook on Supply and Use and Input-Output Tables with Extensions and Applications, Chapter 17, The United Nations, New York.
  • Escaith, H., S. Inomata, and S. Miroudot (2017), "The evolution of production networks in the Asia Pacific", PAFTAD Conference Series 38, The Pacific Trade and Development Conference.
  • Inomata, S. (2017), "Analytical frameworks for global value chains: An overview", Global Value Chain Development Report 2017, Chapter 1, The World Bank Group, Washington D.C.
  • Lenzen, M., A. Geschke, M. Daaniyall Abd Rahman, Y. Xiao, J. Fry, R. Reyes, E. Dietzenbacher, S. Inomata, K. Kanemoto, B. Los, D. Moran, H. S. in den Bäumen, A. Tukker, T. Walmsley, T. Wiedmann, R. Wood, and N. Yamano (2017), “The Global MRIO Lab – charting the world economy”, in A. Geschke and M. Hadjikakou eds., Economic Systems Research, Special Issue on Virtual Laboratories for Collaboratibve Input-Output Analysis, Vol. 29, No. 2, Routledge, Colchester.
  • Inomata, S. (2016), "An Alternative Measurement for International Fragmentation of Production Process: An International Input-Output Approach", in Y. Xing ed. Uncovering Value Added in Trade: New Approaches to Analyzing Global Value Chains, Published by World Scientific Publishing Co. Pte. Ltd., Copyright by Asian Development Bank Institute, Tokyo.
  • Inomata, S. and A. Owen (2014), "Editorial: A Comparative Evaluation of Databases", in Inomata, S. and A. Owen eds., Economic Systems Research: Special Issue on A Comparative Evaluation of Multi-Regional Input-Output Databases, Vol. 26, No. 3, Routledge, Colchester.
  • Inomata, S. (2014) "Trade in value added: concept, development, and an East Asian perspective", in Baldwin et.al eds., A World Trade Organization for the 21st Century, Chap.3, pp.48-70, Edward Elgar, Cheltenham, Copyright by Asian Development Bank Institute, Tokyo.
  • Suder, G., P. W. Liesch, S. Inomata, I. Mihailoca and B. Meng (2014), "The evolving geography of production hubs and regional value chains across East Asia: Trade in value-added", Journal of World Business, Vol. 49.