文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2021年度

メコン地域の道路インフラ整備の経済効果(2020_2_40_015)

概要

カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、タイ、中国・雲南省および広西チワン族自治区の5ヵ国2地域から成る大メコン圏(Greater Mekong Subregion: GMS)では、アジア開発銀行(ADB)のイニシアティブの下、東西、南北、南部の3つの経済回廊(越境輸送インフラ)を旗艦プロジェクトとして、道路インフラ整備が進められてきた。本研究では、経済回廊をはじめ域内の道路インフラ・プロジェクトによる貿易・投資をはじめとする経済効果の実証分析を進めていく。

期間

2020年4月~2021年3月

研究代表者

Keola Souknilanh

研究成果

査読付外国語学術誌投稿