文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2020年度

メコン地域の道路インフラ整備の経済効果(2020_2_40_015)

概要

カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、タイ、中国・雲南省および広西チワン族自治区の5ヵ国2地域から成る大メコン圏(Greater Mekong Subregion: GMS)では、アジア開発銀行(ADB)のイニシアティブの下、東西、南北、南部の3つの経済回廊を旗艦プロジェクトとして、道路インフラ整備が進められてきた。本研究では、経済回廊に指定された道路インフラ・プロジェクトによる貿易・投資をはじめとする経済効果の実証分析を進めていく。

期間

2020年4月~2022年3月

研究会メンバー
[ 主査 ] 石田 正美(日本大学生物資源科学部教授)
[ 幹事 ] ケオラ・スックニラン
[ 委員 ] グエン・ビン・ザン(ベトナム世界経済政治研究所副所長)
[ 委員 ] フィー・ビン・トゥオン(ベトナム社会科学情報研究所副所長)
研究成果
  • 外部投稿(IDE Research BulletinおよびDiscussion Paper)
  • ポリシーブリーフ