文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2020年度

ミャンマー、ラオス、ベトナムの中国向けスイカ輸出サプライチェーンの比較分析(2020_1_40_006)

概要

生鮮フルーツ貿易で中国向けと先進国向けの輸出サプライチェーンの間には興味深い違いがあるが、同じ中国向けでもフルーツの品種や産出国によって異なる様相が見られる。本研究は、メコン地域3カ国(ミャンマー、ラオス、ベトナム)から中国向けに陸路で輸出されるスイカに着目し、各国ごとの市場環境や政府の政策が生産者と中国の買い手との関係をいかに形づけているかを明らかにして、メコン各国からの中国向け生鮮フルーツ輸出の農村経済への含意を探る。

期間

2020年4月~2021年3月

研究会メンバー
[ 主査 ] 久保 公二
研究成果
  • 外部投稿(IDE Research BulletinおよびDiscussion Paper)