文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2019年度

境界を越える地下鉄と中国の都市政治:比較研究の視点からみる北京 (2019_2_40_018)

概要

伝統的な意味で、都市は農村部に囲まれた限られた区域であり、都市間の境界も農村地域の存在により分かりやすい。しかし、都市化が進むと、農村部は都市に吸収され、都市の境界を示すものも消え去る。一方で、政府が主導する都市化は都市間の境界をより明確にする傾向を見せる。その背後には、都市化の恩恵を域内のものにし、境界の外へスピルオーバーすることを阻止する力が働く。今日の都市政府は従来の都市問題だけではなく、新たな課題-すなわち都市間の競争に直面するようになっている。競争を勝ち抜くために、都市政府は周辺都市と連携しながらいかにして魅力的な空間を作り上げるかに苦心する。都市の壁を保つのか、それとも取り壊すのか。本研究は、地下鉄事業を手掛かりに、北京、ソウル、東京の比較をしながら、公共事業をめぐる都市政治の力学を分析する。

期間

2019年4月~2021年3月

研究会メンバー
[ 主査・幹事 ] 任 哲
[ 委員 ] 謝志海(共愛学園前橋国際大学准教授)
研究成果
  • 外部投稿(IDE Research BulletinおよびDiscussion Paper)