文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2018年度

技術移転と産業発展の長期的展開過程:インドとタイにおけるオートバイ産業と自動車産業の比較事例研究(2017_2_20_008)

概要

先進国から途上国への技術移転、あるいは途上国で操業している多国籍企業から国内企業への技術移転が、途上国の産業発展のエンジンであることは広く認識されているところである。しかしながら、具体的にどのような経路を通じて技術移転が実現されているのか、またそれにはどのような制約があるのかについて、ミクロレベルで厳密な計量的な分析が行われてきたとは言い難い。本研究は、インドとタイにおけるオートバイ産業と自動車産業の数年間にわたる企業レベルのデータを用いて、技術移転と産業発展の長期的展開過程について、究明することを目的としている。

期間

2017年4月~2019年3月

研究会メンバー
[ 主査 ] 大塚 啓二郎
[ 幹事 ] 會田 剛史
[ 委員 ] 佐藤 隆広 (神戸大学経済経営研究所教授)
[ 委員 ] 村上 善道 (神戸大学経済経営研究所特命助教)
[ 委員 ] 三嶋 恒平 (慶応大学経済学部准教授)


研究成果
  • IDE Research Bulletin
  • IDE Discussion Paper