文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

開催報告

アジア経済研究所・世界銀行共催特別講演会

アフリカ経済をどう見るか、アフリカとどう関わっていくべきか

写真:アルベア・ズーファック世界銀行アフリカ地域担当チーフエコノミストによる講演

アルベア・ズーファック世界銀行アフリカ地域担当チーフエコノミストによる講演

写真:平野克己ジェトロ・アジア経済研究所理事による講演

平野克己ジェトロ・アジア経済研究所理事による講演

写真:質疑応答

質疑応答

写真:会場全体の様子

会場全体の様子
開催日時

2019年6月4日(火曜)14時00分~16時45分

会場

ジェトロ本部5階展示場

主催

ジェトロ・アジア経済研究所、世界銀行

使用言語

日本語・英語

概要

本年8月に開催のTICAD7に先立ち、世界銀行のアフリカ地域担当チーフエコノミストであるアルベア・ズーファック氏とジェトロ・アジア経済研究所理事の平野克己が登壇し、アフリカ地域の経済の現況と見通し、今後アフリカとどうかかわっていくべきか、またTICAD7への期待等について議論を行いました。  

世界銀行のズーファック講師からは、アフリカにおいてドローンやウーバー等の先進技術を取り入れつつあるとしたうえで、現地の信頼できるパートナー企業との協力が重要であり、日本企業による更なる貿易・投資の拡大に期待したいとの話がありました。また、平野講師は、特に農業分野において日本企業の活躍の場があることを説明したうえで、ある程度大きな規模での事業展開と、入念な情報収集能力が成功の鍵であると指摘しました。

プログラム

時間

講演者およびテーマ

14:00~14:10

開会挨拶

  • 宮崎 成人 氏(世界銀行駐日特別代表)
14:10~14:55

講演1「アフリカ経済の現況と見通し」

  • アルベア・ズーファック 氏(世界銀行 アフリカ地域担当チーフエコノミスト)
    講演資料
14:55~15:40

講演2「日本はアフリカとどのように関わっていくべきか」

15:40~15:55

休憩

15:55~16:40

質疑応答

  • モデレータ―:福西 隆弘(ジェトロ・アジア経済研究所 地域研究センター アフリカ研究グループ長)
16:40~16:45

閉会挨拶

  • 平野 克己(ジェトロ・アジア経済研究所理事)