文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

Trade and Political Fragmentation on the Silk Roads: The Economic and Cultural Effects of Historical Exchange between China and the Muslim East

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しています。

研究所内外における研究者が研究成果、研究活動の中間発表を行うほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
――参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」と伝え、開催場所まで直接お越しください。――
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得てください。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもあります。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認ください。

お問い合わせ先

ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
E-mail:APLE-mail

開催日時

2019年7月12日(金曜)10時30分~12時00分

会場

要旨

The Silk Roads stretched across Eurasia, connecting East and West for centuries. At its height, the network of trade routes enabled merchants to travel from China to the Mediterranean Sea, carrying with them high-value commercial goods, the exchange of which encouraged urban growth and prosperity. In this paper, we examine the extent to which urban centers thrived or withered as a function of political shocks to trade routes, particularly the fragmentation of state and imperial control along natural travel paths. We find that political fragmentation along the roads to Aleppo and historic Chang'an --- major terminus locations for cross-regional trade --- damaged city growth. Alongside inter-regional trade, the Silk Roads also connected China to the Muslim East by facilitating forms of religious and cultural exchange, including the transmission of ideas, values and aesthetic traditions. We trace one effect of historical Silk Roads trade on the contemporary period --- cultural affinity as measured through commonality of basic values. Our findings suggest that pre-modern patterns of economic and cultural exchange have implications for the success of contemporary Chinese soft power projection in Western Asia.

講師

Christopher Paik 氏 (Assistant Professor, Political Science, New York University Abu Dhabi)

司会

使用言語

英語