文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
データ・リソース

swazilandMTN

会社概要と沿革

MTN Group Limited (MTNグループ) は1994年に設立された、アフリカと中東計21ヵ国を主な事業エリアとする多国籍電話通信企業である。2008年12月末には90,700,000人以上の加入者を記録した。

MTN Swaziland LTDはMTNグループの子会社で、1998年9月に運営を開始した。MTNは1999年にはE4 million ボイスメールシステムを始め、9ヵ月前倒しで12ヵ月分のカバレッジを達成した。2002年2月までには受信地域を75%に拡大し、同年にはSMSサービスを開始し7100万E (スワジランド・エマランゲニ) の利益を出した。900 MHz GSMネットワークの認可を受け、国内で運営している。

無線通信ネットワークは、全主要ビジネスセンターを含む地理的領域内の70%をカバーしており、ムババネ、マンジニ間の高速道路に沿うNgwenya国境からモザンビーク国境も受信地域である。

国内の所在地

MTN Office Park, Karl Grant Street, Mbabane, Swaziland;
Telephone: +268 406 0000
Facsimile: +268 404 6215

製品・サービス

MTNグループは主要電話通信サービス業者で無線通信ネットワークアクセスやビジネスソリューションを提供する。スワジランドにおいてMTNは主にボイスメール、ファックス、SMS情報サービス、Virtual Rechargeやコールバックサービスを提供する。2006年には加入者に90日間フリーアクセスの'Access 90'を提供した。

従業員数

26,000人

MTNスワジランド:108人

財務情報

収益:1,025億南アフリカ・ランド:2007年12月から40%増加。
グループへの同国の売上げ貢献 (Rm):519,000

9,070万加入者;加入者 (全社における同国の加入者の割合:2%)

市場シェア

MTNスワジランド は国内で唯一の移動通信会社である。

事業目的

「新興成長市場で主要な通信会社となる」

ビジネスモデル

MTNの戦略は、合併および多角化、電波通信範囲網およびナレッジの活用、通信範囲の集中と選択が3つが柱となる。MTNは既存の電波通信網のアドレス可能な携帯電話通信は、現在の2億2,000万から次の5年間で3億8,100万以上に増加すると見積もっている。MTNは全市場で競争が厳しい中、将来成長機会を大きく生かす良い立場にある。

合併および多角化:

前年度、MTNはその規模やサービスの活用からビジネスの成長や収益の多角化をする様々な機会を評価した。他人資本の活用度は比較的低いため、自信をもって買収などへの資本活用が検討できる。

電波通信網およびナレッジの活用:

MTNは強力なグローバルブランドを築き、新興成長市場の携帯電話通信市場のリーダーと認識されている。そのブランドは重要な差別化要因で、さらなる成長と効率性を達成するため活用することが戦略である。

通信範囲通信範囲の集中と選択:

事業のインフラとして、データの重要性への認識は強まっている。同社は携帯電話会社がインターネットベースの接続性において重要なプロバイダーとなるであろう次世代の準備を急いだ。21の全事業展開国で、ネットワークインフラを次世代の、インターネットプロトコル(IP)に基づくパケット交換式ネットワークに移行し始めた。データアクセスの増加や声質の改善を可能にするEDGEや3G等のネットワークテクノロジが次世代の無電装置の導入により実施される。 MTNスワジランド の戦略優先事項は、以下のとおりである。

  • 拡大戦略による買収効果を高める
  • 地域間のシナジーの最適化とハブ&クラスター構造を用いた戦略的エリアフォーカス確認
  • さらなる収益多角化への適切な拡大機会を生かしその地位を強化し続ける
  • コストリーダーシップ戦略により、運営効率を改善し、ビジネスモデルを改善するためにアウトソーシングを拡大する
  • MTNグループマーケットでの送金および携帯電子マネーの適用機会を活用する。

株主・所有権益

スワジMTNは合弁会社であり、MTNは30%の実効支配率をもつ。

政府との関係・社会貢献

MTNは2008年7月にSwaziland Post and Telecommunications Corporation (SPTC) と提携を結び、その2ヵ月後のスワジ独立記念日の祝典中、国王ムスワティ3世がその国で初めて携帯電話で電話をした。SPTCはスワジランドの通信業界における監督機関である。

スワジランドの固定電気通信サービスはいまだ国の独占管理下にある。SPTCは1983年に郵政事業法下に設立され、交通省、環境省、郵政省に責任をもつ。無線通信ネットワークもスワジMTNの独占管理下にある。

関係当局によると「スワジランドのサービスニーズには、規律ある電気通信ネットワークの確実な拡大に関する20年開発マスタープランによって対応する予定である。」

政府は電気通信法にまだ承認されていない分野を緩和する目的で、新しい電気通信規定を定めた。

これによりSPTCを解体し、郵政と電気通信を2つの機関に分ける。電気通信事業は会社法に基づき電気通信会社として法人化することになり、新しい取締機関、スワジランド通信委員会 (SCC) が設けられる。

新しいTelcoの独占期はその法の開始日に決定し、民間のネットワーク、インターネットサービス、付加価値サービス、及びカスタマー構内設備 (CPE) への参入自由化はSCCの運営開始日から90日以内に開始予定である。

グループは各周波数域使用につき年間20,000E (600,000ユーロ以上) の周波数料金およびライセンスに定義されている監査付きネット運営収入の5%のライセンス料を支払う。

政府はまたUniversal Service Obligations Committee (USO) という委員会を設立した。

この委員会を通じて政府は、現在MTNからサービスを提供されていない顧客へもサービスを提供できないかどうか、確認したかった。この委員会と協力してMTNスワジランドは、遠隔地に居住し、携帯によるコミュニケーションを利用している人々の生活を確認できる基地局トランシーバ (BTS) を多数設置した。

スワジMTNライセンス契約におけるUSO条件は、MTNスワジランドが見返りの多いエリアにだけに力を集中せず、見返りの少ないエリアにもサービスを提供させることを確実にした。それにより、そういった遠隔地域でも経済活動が改善された。

MTNは、BTSに加えて、携帯電話を買うことができない人々がいる戦略地域に公衆電話 (コイン投入型) を設置し、電話をかけることができるようにした。

現地起業家もMTNの商品や、エアタイムサービス(プリペイド式ケータイ電話 [SIMカード] へのチャージ)、SIMカードやハンドセットを流通させる権限が与えられた。

これにより各地でエアタイムを売却し手数料を得るという新たなビジネスが生まれ、多くのスワジ国民に雇用が創出された。

製品開発

MTNスワジランドのライセンスは2008年11月から2018年11月までにさらに10年更新された。2008年6月30日にMTNスワジランドは、人口の約半分である518,988人の強力な加入者ベースを記録した。

MTNスワジランドは2008年までに低価格電話を取り入れ、より多くの人々の利用をサポートした。パイロットプログラムとして初まったMTN Zoneは大成功を収め、大規模に展開されることになった。