文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
データ・リソース

egyptAllianz Egypt アリアンツ・エジプト

会社概要と沿革

アリアンツ・グループは世界的な主要な総合金融サービス企業の1つである。全世界で約155,000人の従業員をかかえる同グループは、約70ヵ国でおよそ7500万の顧客のために活動している。同社の保険部門業界はドイツ市場におけるリーダーで、国際的に強いプレゼンスを有する。

2008年末に同社は7030億ユーロの第三者資産を扱い、世界で最大の資産管理運用会社のうちの1社である。2006年、親会社のAllianz SEは、ヨーロッパにおける株式会社の新しい法的形式であるSocietas Europaeaを採用したが、それはダウ・ジョーンズEURO STOXX 50インデックスで最初であった。Allianz SEはドイツのミュンヘンに本部を置いている。

アリアンツ・エジプトはArab International Insuranceの新しい名称である。Arab International Insuranceは民間最初の合弁保険会社として1976年に設立された。2000年にはアリアンツが、Arab International Insuranceの所有権を、少数持分から80%に増加させた。それにより経営責任を獲得し、主たる株主となった。2001年、アリアンツ・グループの子会社となったArab International Insuranceは、自由貿易区からエジプト全体へその業務範囲を拡大するとともに、企業保険と個人保険を開始した。2004年には、Arab International Insuranceはアリアンツ・エジプトになった。2006年には、アリアンツ・エジプトは同国の生命保険販売で最大手になった。

国内の所在地

Allianz Egypt, Saridar Building, 92 El Tahrir Street, Dokki, Giza:
Fon. +202 760 5445; Fax. +202 760 5355

製品・サービス

アリアンツ・エジプトは個人生命保険及び企業保険を提供している。同社は、エジプトの上位10行の銀行との提携関係を通じて、bancassuranceとして知られる銀行連合組織のリーダーでもある。同社は、バランスがとれた多様な資産ポートフォリオへの投資を、長期的に成長させることを目指している。すなわち、証券、預金、国債、社債、イスラム法にもとづくイスラムファンド等への投資を通じて、平均以上の収益を上げる安全なポートフォリオである。

従業員数

1,200人

財務情報

2008会計年度にアリアンツ・グループは、925億ユーロを上回る総収入を達成した。

アリアンツ・グループの連結財務データ
2008 2007 2006 2005
損益計算書
総収入 1 € mn 92,548 97,681 94,873 100,967 2
営業利益 3 € mn 7,433 10,313 9,219 8,003 2
純利益 € mn -2,444 7,966 7,021 4,380
貸借対照表
総資産 € mn 955,670 1,061,149 1,110,081 1,054,656
株主持分 € mn 33,684 47,753 49,650 38,656
少数株主持分 € mn 3,564 3,628 7,180 8,386
株式情報
一株あたり基礎利益 -5.43 18.00 17.09 11.24
希薄後一株あたり純利益 -5.47 17.71 16.78 11.14
一株あたり配当金 3.50 4 5.50 3.80 2.00
配当支払 € mn 1,586 2,476 1,642 811
12月31日株価 75.00 147.95 154.76 127.94
12月31日の株式時価総額 € mn 33,979 66,600 66,880 51,949
その他
株式資本利益率 5 % 9.7 6 15.0 6 15.0 6 12.8
管理下の第三者資産12月31日付け € mn 703,478 764,621 763,855 742,937
従業員数 182,865 7 181,207 166,505 177,625

1 総収入は、記載の財産損害保険部門の総保険料、生命/健康保険部門の法定保険料(ユニットリンクされた、また投資指向の他のプロダクトを含む)、銀行部門の営業収益及び資産管理部門の営業収益を含む。
2 2005年12月31日の数字には、Dresdner Bankの廃止部門と関係する部分の変化は反映しない。
3 アリアンツ・グループは、その事業区分の成果及びグループ全体の評価として営業利益を使用する。
4 配当プロポーザル。
5 平均株主持分に基づく。平均株主持分は、現在及び前年の株主持分の平均に基づいて計算。
6 継続事業からの純益に基づく。
7 2008年12月31日時点でDresdner Bankグループの27,597人の従業員を含む。

全エジプトの生命保険事業は、2008年に34%増加して6000万ユーロに達した。

市場シェア

現在エジプト市場は、被雇用者給付タイプで運営する12の保険会社から成る。そのうち3社は公営企業でその市場シェアは35%、他の3社は民間企業で市場シェアは14%である。他の51%は、6つの多国籍保険企業、すなわちALICO、Legal & General、ALLIANZ、ACE、NSGB、BUPAであり、なかでもAlico(GMD)エジプトは24%の市場シェアを有する。

Allianz Life Egyptは高い伸びを経験し、法定保険料に基づき2007-2008年に第4位にランクされた。

事業目的

「我々の目標は世界中で最も信頼された金融サービス会社であること」

ビジネスモデル

アリアンツは、ビジネスモデルを下記のように述べている:

「我々のサービス業務体系のすべての部門において、経営の卓越性をひたすら追求することにより、収益性を強化し続ける。業務処理の継続的な改善に加えて、私たちは主として分配と新市場管理機能に注目する。Allianz Investment Management unit (AIM)及びグループ再保険プログラムを強化することにより、資本管理及び投資における規模の経済を引き続き改善する。

我々は、"target operating model" (TOM)を全世界における組織の基盤として導入し、現在の導入を完了後、他のビジネスまでモデルを適用することにより、2009年は業務の複雑さを最小限にするべく努力する。TOMはリーダーシップ構造に最大の焦点を置いており、より迅速な相乗効果の発揮が可能となる。

その推進役は、

“3+One” programは我々の最も重要な経営目的を述べたものであるが、2003年に策定されて以来有効に働いている。我々の持続性プログラムは、2004年の導入以来、リスク・プライシング、苦情管理及び投資管理といった保険の中核スキルにおける継続的な改善を目標としている。さらに、2006年に始められた我々のビジネスモデル改革は、顧客と顧客の金融サービスへのニーズを最大に達成することを全組織の中心に据えている。

“3+One” programは、収益性の持続可能な改善、危機に際して柔軟性をもつ資本基盤の強化、組織と手続きの簡素化の3点を重視する。また+Oneとは、我々の長期的な競争力を強くすることを意味する。

顧客中心のイニシアチブ(CFI)は高い収益性を伴った成長を実現するにあたって重要な要因と考えている。2006年以来CFIは大成功であった。我々はこれを強く促進し続ける。

株主・所有権益

子会社:
Allianz Egypt Insurance Company S.A.E., Cairo(200万株、85%を所有)
Allianz Egypt Life Company S.A.E., Cairo(100万株、100%を所有)

政府との関係・社会貢献

Egypt Insurance Supervisory Authority (EISA)は計画省の管轄下の政府機関である。保険業取引を希望する全ての保険会社又は保険仲介者はEISAに登録しなければならず、EISAによって規定された規制に従うものとする。

EISAは、エジプトで事業をする保険会社及び保険仲介者のすべての業務を監督し、管理し、監査する。業務としては企業の登録、新製品の承認、価額のチェック、定期刊行物と年次営業報告書の改訂、保険契約者および苦情に関する調査、その他が含まれる。

EISAの主な活動目的の1つとして、保険契約者の利益の保護がある。また、市場の公正な競争を保証するため、保険会社が提示する料率及び価額を認可しモニターする。アリアンツ・エジプトはEISAによって認可され、そのすべての法的規制に従う。

製品開発

2009年の国際金融市場ジャーナル誌Euromoneyは、20を超える異なる企業保険カテゴリーの中で、アリアンツを「最良の保険業者」と評価した。同社は24の異なるカテゴリー及び国々で第一の選択として評価された。それは、幾つかの国々及び地域で「最良の保険業者」であったほか、「クレームの解決が最もスムーズな保険業者」、「最良の商品取り扱い」「価格的に最良」、「もっとも革新的な保険業者」そして「保険リスク移転のための最良のコンサルタント」などと評価された。

2008年にアリアンツ・エジプトは、最初のアリアンツ保険トレーニング・アカデミーを発足させた。アリアンツは、エジプトの支店の従業員及び販売外交員の質と人数を高めるために新しいアカデミーを設立した。