文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

Roman Roads to Prosperity: Persistence and Non-persistence in Public Goods Provision

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しています。

研究所内外における研究者が研究成果、研究活動の中間発表を行うほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
――参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」と伝え、開催場所まで直接お越しください。――
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得てください。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもあります。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認ください。

お問い合わせ先

ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
E-mail:APLE-mail

開催日時

2019年4月25日(木曜)10時30分~11時30分

会場

要旨

How persistent is the provision of public goods? We explore the link between infrastructure investments made during antiquity and the presence of infrastructure today, as well as the link between early infrastructure and economic activity both in the past and in the present. We examine the entire area under dominion of the Roman Empire at the zenith of its geographical extension (117 CE), and find a remarkable pattern of persistence showing that greater Roman road density goes along with (a) greater modern road density, (b) greater settlement formation in 500 CE, and (c) greater economic activity in 2010. Exploiting a natural experiment, we find that the degree of persistence in road density and the link between early road density and contemporary economic development are weakened to the point of insignificance in areas where the use of wheeled vehicles was abandoned from the first millennium CE until the late modern period. Our results suggest that infrastructure may be one important channel through which persistence in comparative development comes about.

講師

Dr. Pablo Selaya 氏 (Associate Professor of Development Economics, Department of Economics, University of Copenhagen)

司会

 町北 朋洋

使用言語

英語