文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

Famine and Wealth Inequality: Evidence from China

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しています。

研究所内外における研究者が研究成果、研究活動の中間発表を行うほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
――参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」と伝え、開催場所まで直接お越しください。――
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得てください。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもあります。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認ください。

お問い合わせ先

ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
E-mail:APLE-mail

開催日時

2019年1月24日(木曜)13時00分~14時30分

会場

要旨

Conflict and fragility such as famines, wars, and civil conflicts are persistent and still seen in many developing and middle-income countries today. For example, more than 22 million people are affected by the drought in East Africa at present, and at least 15 million people are going hungry. Similarly, around 6.8 million people are on extreme hunger in Yemen, around 13.5 million people are in need of assistance in Syria and around 5 million refugees have fled to other countries. This paper examines the long-run direct and persistent impact of such extreme events on wealth inequality. In this paper, we consider the impact of Chinese Great Famine (1959-61) on wealth inequality in present China more than 5 decades afterward. Using province-by-cohortlevel variation in the famine intensity as a quasi-experiment, we find that those who are born during the famine period and exposed to the famine possess lower wealth. Our findings suggest that the consequences of fragile and extreme events (such as famine in our case) not only cause a deterioration in the short-term economic and social outcomes, but such events could also cause substantial future economic inequality in the long-run.

講師

Pramod Kumar Sur 氏 (Osaka University)

司会

使用言語

英語