文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

Ambiguous Decolonization: Nativizing Social Science and the U.S.-Indonesia Intellectual Exchanges

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しています。

研究所内外における研究者が研究成果、研究活動の中間発表を行うほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
――参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」と伝え、開催場所まで直接お越しください。――
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得てください。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもあります。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認ください。

お問い合わせ先


ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
E-mail:APLE-mail

開催日時

2018年4月25日(水曜)12時30分~14時00分

会場

要旨

In 1946, the U.S. Government enacted the Fulbright Act which would be the foundation of Fulbright exchange program. In 1952, the Fulbright invited Haji Agus Salim as the first Indonesian Fulbright grantee to teach and give lecture in the U.S. on Islam in Indonesia. Almost at the same time, the Ford Foundation sent its first mission to Indonesia in 1953 and opened its office in Jakarta in 1955. In 1982, the American-Indonesian Exchange Foundation (AMINEF) was established as an institution independent from the U.S. Embassy to allow more involvement of Indonesian scholars in the Fulbright program. In the late 1960s to 1980s some Fulbright and Ford Foundation alumni have developed critiques against “Western” social theories and been engaged in the project of “nativizing” social science and humanities knowledge in Indonesia. The topics of Indonesian selfhood (manusia Indonesia), cultural value (nilai kebudayaan), creative cognition (daya cipta), and mentality (mentalitas) were introduced to the discussion on pembangunan (development) in the early years of the New Order regime. I will discuss in the presentation that these themes reflect ambiguous decolonization movement in Indonesia during the Cold War period. Decolonization process shows that part of intellectual exercise on social science and humanities took place in the space facilitated by Fulbright, Ford Foundation, and to a certain extent Rockefeller Foundation, and the other part of it seeks to return to nationalist and nativistic agenda.

講師

Fadjar I. Thufail (Indonesian Institute of Sciences: LIPI)

司会

トンチャイ ウィ二ッチャクン

使用言語

英語