文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究者のご紹介

新型肺炎とマクロ政策(56)

中国経済レポート

 

新領域研究センター 田中 修

2020年11月5日


はじめに

本稿では、10月21日の国務院常務会議、22日の浦江イノベーションフォーラムにおける李克強総理の挨拶、11月4日の第3回中国国際輸入博覧会開幕式における習近平国家主席の挨拶の概要を紹介する。

10月21日 国務院常務会議
(1)財政資金の末端への直接到達メカニズムの更なる実施

党中央・国務院の手配に基づき、関係部門・地方は、財政資金の(末端への)直接到達メカニズムを真剣に実施し、大規模な困難緩和政策の迅速な実施を推進し、成果が不断に現れている。

9月末、今年新たに増やした2兆元の財政資金のうち、地方に下達すべき1.7兆元については、既に1.57兆元が市・県の使用単位にまで下達されており、地方の財政力を有効に補充して、減税・費用引下げの完全実施を保証し、庶民の雇用・市場主体・基本民生の保障を有力に支え、重大プロジェクト建設と脱貧困堅塁攻略を支援し、末端の正常な運営を保障した。

1-9月期、新たな減税・費用引下げは2兆元を超えている。大規模な困難緩和政策と直接到達メカニズムの実施は、億を上回る市場主体をしっかり保障し、900万人近くの都市新規就業者増を支え、経済の安定・回復のためにカギとなる役割を発揮した。

今後、年間の発展の主要な目標・任務の達成を軸に、マクロ政策の連続性・有効性を維持し、引き続き直接到達メカニズムの実施にしっかり取り組み、資金の使用効率を高めなければならない。

同時に、今年の方法を総括し、常態化した財政資金直接到達メカニズムを検討・確立し、改革の方法により財政資金の効能を高め、経済社会の発展の大局を更に好くサポートしなければならない。

①直接到達資金の範囲を拡大する

直接分配可能な中央・地方共同財政権限移転支出、条件を備えた特別移転支出、県レベル基本財政力保障メカニズム奨励補助金等の一般性移転支出について、直接到達メカニズムに組み入れることを認め、中央財政の民生補助金による100%カバーを基本的に実現し、義務教育段階の教師の給与等の期日満額支給を確保する。

②直接到達資金の管理を整備する

移転支払資金を合理的に前倒しで下達する。各地方は、責任制を強化し、資金分配・使用の科学性・規範性・有効性を増強しなければならない。

③監督管理を整備する

部門間のデータの開放・共有を早急に推進し、直接到達資金の全プロセスに対する監督・コントロールを強化し、どさくさに紛れた横領を厳格に防止し、資金がうまく用いられることを確保する。

(2)証明事項と企業経営に係る許可事項の告知約束制の全面推進

「行政の簡素化・権限の委譲、管理と開放の結合、サービスの最適化」改革を深化させ、これまでのテストの基礎の上に、各地方・各部門が全面的に推進している、証明事項と企業経営に係る許可事項の告知約束制1は、企業と人民に利便を与え、市場の活力と社会の創造力を更に大きく奮い立たせることができるのみならず、信義誠実社会の建設を促進することができ、打破と確立を併せ打ち出す、長期に有益な重要改革措置である。

①「証明を減らし、人民に便宜を図る」という要求に基づき、企業・大衆の生産生活に関係し、申請処理の頻度が高い事項、あるいは取得の難度がかなり高い証明、とりわけ戸籍管理・市場主体の営業許可・社会保険等の方面については、告知約束制を早急に推進する。

公共安全・生態保護・身体の健康等に係る事項には告知約束制を適用しない。

告知約束制を実行する事項目録は、社会に公開しなければならない。

②適用対象を明確にする。

申請者が約束したくない、あるいは約束できない場合には、規定に基づき証明を提出させるか許可手続を行わなければならない。

かなり深刻な不良信用記録があり、あるいは虚偽約束を行った等の場合には、信用回復前は告知約束制を適用しない。

③事業中・事後の監督管理を強化する。

申請者は約束に責任を負わなければならない。約束が実行されない場合には、法に基づき処理を中止し、期限付きの是正を命じ、行政決定を取り消し、あるいは行政処罰を科し、かつ信用記録に留め、信用失墜への懲戒を実施しなければならない。

10月22日 浦江イノベーションフォーラムにおける李克強総理の挨拶

「科学技術イノベーションは、人類社会の発展・進歩を推進する尽きぬ動力である。

中国政府は、科学技術イノベーションを高度に重視し、イノベーション駆動の発展戦略を深く実施し、大衆による起業・万人によるイノベーションを大いに推進し、経済の持続的発展・民生の不断の改善を促進する。

中国の科学技術事業は長足の発展を得ている。我々は、常に開放の態度を堅持し、国際科学技術協力推進に力を入れ、科学技術イノベーションの互恵・ウインウインを実現する。

突如やって来た新型コロナ肺炎疫病に対し、中国は国際社会との協力を強化し、科学研究のデータ・情報を共有し、防御・救済策を共同で研究し、グローバルな疫病対策のために自身の貢献を行った。

我々は、経済と社会の発展を統一し、経済成長の回復を努力して実現した。我々は、マクロ政策の連続性・有効性を維持し、市場の活力と社会の創造力を一層奮い立たせ、努力を経て、中国経済は2020年年間でプラス成長を実現することが見込まれる。

中国は断固として改革を深化させ開放を拡大し、『行政の簡素化・権限の委譲、管理と開放の結合、サービスの最適化』改革を深化させ、市場化・法治化・国際化したビジネス環境を引き続き作り上げる。

我々は、科学技術イノベーションの支え・リード役としての作用を更に好く発揮させ、国家イノベーション体系の建設を強化し、イノベーション型国家の建設を加速し、発展のためにエネルギーを与え、生活のために彩りを添える。

我々は引き続き協力・ウインウインの理念を堅持し、更に主動的にグローバルイノベーションのネットワークに融け込み、技術・人材・プロジェクト等の方面の国際協力を促進し、イノベーションプラットフォームの共同建設・成果の共有によりグローバルな科学技術進歩の推進を助ける」。

11月4日 第3回中国国際輸入博覧会開幕式における習近平国家主席の挨拶

重要な部分は、以下のとおりである。

(1)中国の実績

疫病の影響を受けたにも関わらず、今年中国の開放拡大の歩みはなお加速しており、私が第2回中国国際輸入博覧会で宣言した対外開放拡大の一連の措置は既に全面実施されている。

中国は引き続き輸入を拡大し、一年の中国の商品・サービスの輸入額の伸びは、世界平均水準より明らかに高い。全国外資参入ネガティブリストは40項目から33項目に減り、自由貿易試験区は18から21に増え、「海南自由貿易港建設総体方案」・「深圳の改革開放を一層拡大する実施方案」が公布・実施され、ハイレベルのFTAが締結され、輸入貿易イノベーション促進モデル地区の育成・知的財産権の保護・質の高い「一帯一路」共同建設等の措置は、いずれも積極的な進展をみた。

(2)共同開放の推進

新型コロナ肺炎疫病の大流行は、世界経済の不安定・不確定要因を増大させた。

歴史的に見て、どのようなリスク・災難・逆流に遭おうとも、人類社会は常に前進してきたし、必ず引き続き前進できる。各国が開放・協力に向けて歩む大勢に変わりはない。我々は手を携え、共同でリスク・試練に対応し、共同で協力・意思疎通を強化し、共同で対外開放を拡大しなければならない。

①我々は、協力・ウインウインな共同開放の推進に力を尽くさなければならない。

今回の疫病は、各国が苦楽を共にする運命共同体であり、重大な危機の前では誰も独りよがりはできず、団結協力が試練に対応する必然の選択であることを、我々に警告した。

我々は、協力・ウインウインの理念を堅持し、信頼して疑わず、手を携えて拳を振るわず、協議して罵倒せず、各国の共同利益を重んじ、経済のグローバル化を推進して、更に開放され、包摂的で、広く恩恵が及び、バランスがとれ、ウインウインの方向へと発展しなければならない。

②我々は、協力し共に(責任を)担う共同開放の推進に力を尽くさなければならない。

歴史と実践は、リスクと試練の前では、各国は同じ舟で助け合い、それぞれがその責任を尽くさなければならず、唯我独尊はあり得ず、人に損害を与えれば自分も不利益になることを証明している。

大国は率先して範を示し、主要経済体は身をもって範を示し、発展途上国は積極的に成果を出し、共同開放・共同責任の負担を通じて世界の共同発展を推進しなければならない。

③我々は協力し共同でガバナンスする共同開放の推進に力を尽くさなければならない。

経済のグローバル化がもたらした試練に対して、一国主義・保護主義が国際秩序・国際ルールを破壊するに任せてはならず、建設的な姿勢によりグローバル経済のガバナンスシステムを改革し、更に好く利に赴き害を避けなければならない。

共に協議し、共に建設し、共に享受するグローバルガバナンス観を堅持し、WTOを基盤とするマルチの貿易体制を擁護し、グローバルガバナンスのルールを整備し、開放型世界経済の建設を推進しなければならない。

(3)第14次5カ年計画

閉幕したばかりの党19期5中全会は、中国の第14次カヵ年計画期間について全面的な計画を行った。

中国は、小康社会の全面実現の決勝、脱貧困堅塁攻略の決戦の目標を実現し、2021年から社会主義現代化国家を全面的に建設する新たな征途を開き、中国は新たな発展段階に入る。

新たな情勢・新たな要求に適応し、我々は国内大循環を主体とし、国内・国際2つの循環が相互促進する新たな発展の枠組の構築を提起した。これは決して閉鎖的な国内循環ではなく、更に開放的な国内・国際の2つの循環であり、中国自身の発展の需要であるのみならず、各国人民に更に好く幸福をもたらすものである。

中国は14億の人口があり、中等所得層は4億を超え、世界で最も潜在力を備えた大市場である。将来10年累計の商品輸入額は、22兆ドルを超えるものと見込まれる。中国製造(メイド・イン・チャイナ)は、既にグローバル産業チェーン・サプライチェーンの重要な構成部分となっており、積極的な貢献を行っている。中国の広範な内需市場は、引き続き尽きることのないイノベーションの潜在能力を奮い立たせる。

(4)中国の貢献

新型コロナ疫病は、各国にとって大きな試練である。中国人民は刻苦・卓絶した努力を経て、疫病防御で重大な戦略的成果を得た。

中国経済は、安定・好転の態勢を示し、1-9月期はプラス成長を実現した。うち、対外貿易額は0.7%増え、外資の実際使用は5.2%増え、世界経済の回復推進のために積極的な役割を発揮した。

各国の疫病対策支援のため、中国人民はいささかも留保することなく各方面と経験を分かち合い、できる限り国際社会のために援助を提供し、10月20日までに、既に150の国家と7つの国際組織に疫病対策援助を提供し、マスク1790億枚超・防護服17.3億着・検査試薬キット5.43億人分を輸出し、中国の責任感を示した。

(5)今後の対外開放

今後、中国は開放・協力・団結・ウインウインの信念を堅持し、断固として開放を全面拡大し、内外市場の連結・(生産)要素資源の共有を更に効率的に実現し、中国市場を世界的な市場・共有される市場・皆の市場にして、国際社会に更に多くのプラスのエネルギーを注入する。

①開放の新たな高地を建設する。

過去7年、中国は自由貿易試験区を鋭意進取の精神で、大胆に模索し、顕著な成果を得た。海南受有貿易港の建設は順調にスタートしている。

中国は、自由貿易試験区・自由貿易港の牽引作用を有効に発揮させ、クロスボーダーサービス貿易のネガティブリストを打ち出し、デジタル経済・インターネット等の分野で引き続き開放を拡大し、貿易・投資の自由化・円滑化の改革・イノベーションを深く展開し、更にハイレベルの開放型経済新体制の建設を推進する。

②対外貿易のイノベーション・発展を促進する。

中国は、引き続き博覧会等の開放プラットホームを通じて、各国企業が中国でビジネスチャンスを開拓することを支援する。

中国は、対外貿易成長の潜在力を発掘し、国際貿易の成長・世界経済の発展を推進するため、積極的な貢献を行う。

中国は、越境Eコマース等の新業態・新モデルの急速な発展を推進し、対外貿易の新たな動力エネルギーを育成する。

中国は、「中国輸入禁止・輸入制限技術目録」を圧縮し、技術要素のクロスボーダーの自由な流動のために良好な環境を創造する。

③ビジネス環境を引き続き最適化する。

中国は、疫病後打ち出した各困難緩和・企業優遇政策において、中国国内で登記した企業を同等と見なしている。

2020年、中国は外商投資法と関連放棄を実施し、外資参入のネガティブリストを一層縮減した。

中国は、引き続き公開・透明な渉外法律体系を整備し、知的財産権の保護を強化し、外資企業の合法権益を擁護し、質の優れたサービスで更に好い環境を作り上げる。

④バイ・マルチ・地域の協力を深化させる。

中国は、更に多くの国家とハイレベルのFTAを締結し、できるだけ速やかに東アジア地域包括的連携協定(RCEP)締結を推進し、中国・EU投資協定、日中韓等のFTA交渉プロセスを加速し、世界のハイレベル自由貿易圏との交流を強化し、互いに参考とすることを願っている。

中国は、WTO改革に積極的に参加し、国連・G20・APEC・BRICS等のメカニズム・協力に積極的に参加する。

中国は、関係国と質の高い「一帯一路」を共同建設し、人類運命共同体の構築を推進する。

  1. 行政手続に当たって、行政機関が法律・法規に定められた証明義務や照明内容を、書面(電子テキストを含む)形式で申請者にまとめて告知し、申請者が告知された条件、基準、要件にかなっていることを書面で約束し、約束違反の法的責任を負う意思を示せば、行政機関は関係の証明を要求することなく、書面の約束を根拠に関係事務を処理すること(中国通信)。