文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究者のご紹介

新型肺炎とマクロ政策(40)

中国経済レポート

 

新領域研究センター 田中 修

2020年7月28日


はじめに

本稿では、7月21日の企業家座談会の概要を紹介する。

7月21日 企業家座談会

習近平総書記が主催し、重要講話を行った。会議には、民営企業家、外資企業と香港・マカオ・台湾企業の管理者、個人工商事業者代表が参加した。習近平の重要講話の概要は、以下のとおりである。なお、重要部分は、ゴシックにしてある。

1.市場主体の活力を保護し奮い立たせる

改革開放以降、わが国は社会主義市場経済体制を徐々に確立し、不断に整備しており、市場システムは不断に発展し、各種市場主体は勢い盛んに成長してきた。2019年末、わが国は既に市場主体1.23億社を有しており、うち企業が3858万社、個人工商事業者が8261万社である。これらの市場主体は、わが国経済活動の主要な参加者、雇用機会の主要な提供者、技術進歩の主要な推進者であり、国家の発展において十分重要な役割を発揮している。

新型肺炎の疫病が発生して以来、各レベル党委員会・政府の指導の下、各種市場主体は疫病対応の人民戦争に積極的に参加し、団結・協同して、堅塁を攻略・難関を克服し、奮闘して自救すると同時に、疫病防御のために有力な物質的支えを提供した。この機会を借りて、私は広範な国有企業、民営企業、香港・マカオ・台湾企業が疫病防御と経済社会の発展のために行った貢献について衷心から感謝を述べたい!

全国上下の共同努力を経て、現在わが国の疫病は重大な戦略的成果を得て、経済の発展は安定・好転の態勢を示し、疫病防御と経済の回復においていずれも世界の前列を歩んでいる。わが国経済は1-3月期に大幅に下降し、4-6月期に安定・回復上昇し、マイナスからプラスに転じ、3.2%成長し、1-6月期のGDPは-1.6%となり、情況は予想よりずっと好い。我々は自信を増強し、困難に立ち向かい、疫病が生み出した損失の補填に努力し、年間の経済発展の好成績を勝ち取らなければならない。

新型肺炎の疫病はわが国経済と世界経済に巨大な衝撃を生み出し、わが国の多くの市場主体は未曾有のプレッシャーに直面している。市場主体は経済パワーのキャリヤーであり、市場主体の保障は社会の生産力の保障である。青々とした山を残しておくことができれば、薪がなくなることを心配しなくて済む。あらゆる手をつくして市場主体をしっかり保護し、経済発展のために基本パワーを蓄積しなければならない。

党中央は、「6つの安定」(雇用・金融・対外貿易・外資・投資・予想を安定させる)政策を着実にしっかり実施し、「6つの保障」(庶民の雇用、基本民生、市場主体、食糧・エネルギーの安全、産業チェーン・サプライチェーンの安定、末端の運営を保障する)任務を実施しなければならないと提起し、各地方・各部門は一連の市場主体を保護・支援する政策措置を打ち出した。今後、政策支援を強化し、市場主体の活力を奮い立たせ、広範な市場主体が正常に生存できるのみならず、更に大きく発展できるようにしなければならない。

(1)困難を緩和し、企業に恩恵を与える政策をしっかり実施する

更に積極的で成果を出す財政政策、更に穏健・柔軟な金融政策をしっかり実施し、マクロ政策の的確性と一定期間の有効性を増強しなければならない。引き続き減税・費用引下げ、家賃軽減・利下げを実施し、各種の困難緩和措置が直接末端に達し、直接恩恵が市場主体に及ぶことを確保しなければならない。市場主体への金融支援を強化し、インクルーシブファイナンスを発展させ、企業とりわけ中小・零細企業の資金調達難・資金調達コスト高の問題を有効に緩和しなければならない。

売れ行きのよい輸出商品が国内市場を開拓することを支援しなければならない。国有企業とりわけ中央企業はリーダーとしての牽引作用を発揮し、川上・川下の各種企業が共に難関を克服することを牽引しなければならない。国際協力を強化し、産業チェーン・サプライチェーンをしっかり保護しなければならない。

(2)市場化・法治化・国際化されたビジネス環境を作り上げる

民法典と関連法律・法規をしっかり実施し、国有・民営・外資等の各種所有制企業の財産権と自主経営権を法に基づき平等に保護し、各種市場主体が公平に競争する法治環境を整備しなければならない。法に基づいて企業家の合法権益を保護し、財産権と知的財産権の保護を強化し、長期に予想が安定・発展し、イノベーションを奨励し、失敗に寛容で、企業家の事業・起業を奨励する濃厚な雰囲気を形成しなければならない。

行政の簡素化・権限の委譲を推進し、市場参入のネガティブリスト制度を全面的に実施し、企業が市場の協力・競争に更に好く参加することを支援しなければならない。外商投資法をしっかり実施し、市場参入を緩和し、貿易・投資の円滑化を推進しなければならない。中国で登記した企業を同等と見なし、公平な競争環境を整備しなければならない。

(3)親しみやすく清廉な政府・ビジネス関係を構築する

各レベル指導幹部は私心なく率直に企業と交流し、企業家の考え・困惑を理解し、企業に係る政策の制定では企業家の意見・建議に多く耳を傾けると同時に、権限とカネの取引・ビジネス上の賄賂等の問題が政府・ビジネス関係とビジネス環境に損害を与えることを断固防止しなければならない。

資源配分における市場の決定的役割を十分発揮させ、政府の役割を更に好く発揮させなければならない。政府は市場ルールの制定者であり、市場の公平の擁護者でもあり、質の優れた公共サービスを更に多く提供しなければならない。企業家が他に気を取られて本業を疎かにすることなく、長期にものを考え、根気よく事業を継続し、中国市場にしっかり根差し、中国市場を深く耕すことを支援しなければならない。

(4)個人工商事業者の発展支援を高度に重視する

わが国には8200万余りの個人工商事業者があり、牽引する就業人口は2億を超え、数量の最も多い市場主体であり、大衆の生活に最も直接的なサービスを行う者であり、現在直面している実際の困難も最も多い。個人工商事業者が家賃・税・費用・社会保険・資金調達等の方面の難題を解決することを積極的に援助し、更に直接的で有効な政策支援を提供しなければならない。

2.企業家精神を発揚する

改革開放以降、胆力と識見があり、勇気を奮ってイノベーションを行う一群の企業家が芽吹き壮大に成長し、鮮明な時代の特徴を備え、民族の特色ある、世界レベルの中国企業家群が形成された。企業家は現在の困難への戦勝をリードし、更に輝かしい未来へと歩み、愛国・イノベーション・信義誠実・社会責任・国際視野等の方面で、自身を不断に向上させ、新時代の新たな発展の枠組を構築し、現代化した経済システムを建設し、質の高い発展を推進する新鋭軍とならなければならない。ここで、私は数点を希望する。

(1)皆さんが愛国の心情を増強することを希望する

企業の営業販売に国境はないが、企業家は祖国がある。優秀な企業家は、国家・民族に対し、崇高な使命感と強烈な責任感を胸に抱き、企業の発展を国家の繁栄・民族の興隆・人民の幸福と緊密に結びつけ、主動的に国のために責任を担い、憂いを分かち合わなければならない。まさに、「国を利するものはこれを愛し、国を害するものはこれを悪(にく)む」である。

愛国は、近代以来わが国の優秀な企業家の光栄ある伝統である。清末中華民国初期の張謇から、抗戦期の盧作孚、陳嘉庚、さらには新中国成立後の栄毅仁、王光英等々に至るまで、いずれも愛国企業家の模範である。改革開放以降も、わが国は一群の愛国企業家が湧き出でた。企業家の愛国は、多様な実現形式があるが、まずは一流企業をしっかり経営し、企業が奮闘して目的を達成し、一流を勝ち取り、質が更に好く、効率・収益が更に高く、競争力が更に強く、影響力が更に大きい発展を実現することである。

(2)皆さんが勇気をもってイノベーションを行うことを希望する

イノベーションは、発展をリードする第一の動力である。「万物を所有することは、偉大な業績といえるが、不断に刷新することは崇高な品徳といえる」1。企業家のイノベーション活動は、企業のイノベーション・発展のカギである。米国のエジソン、フォード、ドイツのシーメンス、日本の松下幸之助等の著名な企業家はいずれも管理の大師であり、イノベーションの大師でもある。

改革開放以降、わが国の経済発展が世界の注目を浴びる成果を挙げたことは、広範な企業家はイノベーション精神を大いに発揚させたことと不分離である。イノベーションを行うには、大胆にリスクを負担しなければならない。天下のために大胆に先んじることは、リスク・試練に戦勝することである。質の高い発展を実現するには、とりわけ品質で精彩を放つ必要がある。

大疫病の現在、様々な業界が困難に直面しているが、危機の中にチャンスがあり、革新者だけが勝利する。企業家は、イノベーション・発展を行う模索者、組織者、リード役とならねばならず、勇気を奮って生産組織のイノベーション、技術のイノベーション、市場のイノベーションを推進し、技術研究開発と人的資本の投入を重視し、従業員の創造力を有効に動員し、企業を強大なイノベーション主体に作り上げるよう努力し、苦境の中で不死鳥のように炎を浴びて甦ることを実現しなければならない。

(3)皆さんが、信義誠実・法を守ることを希望する

「誠は、天の道であり、誠を考えることは、人の道である」。人は信なくば立たず。企業・企業家はましてやそうである。社会主義市場経済は、信用経済であり、法治経済である。企業が各方面と交流し、人・財・モノ等各種資源を動員するには、信義誠実がなければ一歩も進み難い。

各種の原因によって、いくらかの企業は経営活動において、なお少なからず信義誠実を重んじず、甚だしきはルール・法律に違反する現象が存在する。法治意識・契約精神・契約順守という観念は、現代の経済活動の重要な意識の規範であり、信用経済・法治経済の重要な要求でもある。企業家は信義誠実と法を守る手本となり、全社会の道徳素質と文明の程度の向上を牽引しなければならない。

(4)皆さんが社会的責任を負担することを希望する

「企業は経済責任・法律責任を有するのみならず、社会的責任・道徳責任をも有する」と私は述べたことがある。いかなる企業も社会の中に存在しており、いずれも社会的企業である。社会は、企業家が優れた才能を発揮する舞台である。誠実にリターンを社会に返し、社会的責任を確実に履行する企業家であれば、真に社会の認可を得ることができ、それこそが時代の要求に合致した企業家である。

ここ数年、ますます多くの企業家が各種公益事業に身を投じている。新型肺炎の疫病闘争において、広範な企業家は積極的に金品・物資を寄付し、ボランティアサービスを提供し、重要な貢献を行ったことは、十分肯定に値する。現在、雇用圧力が増大しており、一部労働者は失業リスクに直面している。従業員を大切にする企業家は、社会的責任の1つの重要な方面を履行しており、雇用・仕事の安定に努力し、従業員の健康に関心を払い、従業員と手を携えて難関を克服しなければならない。

(5)皆さんが国際的視野を広げることを希望する

どれだけの視野をもつかで、度量の大きさが決まる。改革開放以降、わが国の企業家は国際市場で鍛錬を積み成長し、国際・国内の2つの市場、2種類の資源を利用する能力を不断に高めてきた。過去10年、わが国の企業の海外進出の歩みは顕著に加速し、国際市場の開拓に更に広く更に深く参加し、ますます多くの世界レベルの企業を生み出してきた。

ここ数年、経済のグローバル化は逆流に遭遇し、経済貿易摩擦が激化している。一部の企業は、(生産)要素のコストと貿易環境等の方面での考慮に基づき、産業配置とグローバルな資源配分を調整している。これは、正常な生産経営の調整である。同時に、我々は、中国は世界で最も潜在力を有する大市場であり、最も完備した産業支援条件を備えていることを見て取るべきである。企業家は、中国に立脚し、世界に目を向け、国際市場の動向と需要を把握する能力を高め、国際ルールを把握する能力を高め、国際市場を開拓する能力を高め、国際市場のリスクを防止する能直を高めて、企業がよりハイレベルの対外開放において更に好い発展を実現するよう牽引し、国内・国際の2つの循環を促進しなければならない。

3.パワーを集中して、自身の事柄にしっかり取り組む

今年の全国「両会」(全人代と全国政協)で述べたことだが、未来に向けて、我々は国内の大循環を主体とし、国内・国際の2つの循環が相互に促進する新たな発展の枠組みを段階的に形成しなければならない。主として考慮することは、現在、世界は百年未曾有の大変局を経験しており、新たな科学技術革命と産業の変革が、勢い盛んに勃興している。

以前、経済のグローバル化が深く進展した外部環境下では、市場と資源の「2つを外に求める」ことは、わが国の急速な発展に重要な役割を発揮した。

現在、保護主義が上昇し、世界経済が低迷し、グローバル市場が委縮した外部環境の下では、我々は国内の超大規模な市場の優位性と十分発揮し、国内経済の繁栄・国内大循環の円滑化を通じて、わが国の経済発展のために動力を添加し、世界経済の回復を牽引しなければならない。産業チェーン・サプライチェーンの現代化水準を高め、科学技術イノベーションを大いに推進し、カギ・コアとなる技術の難関攻略を加速し、未来の発展の新たな優位性を作り上げなければならない。

私は何回も強調しているが、中国の開放の大門は閉じられることはなく、ますます大きく開かれるのみである。国内の大循環を主体とすることは、決して門を閉ざして鎖国的な運営を行うことではなく、むしろ内需の潜在力を発揮させることを通じて、国内市場と国際市場を更に好く連結し、国際・国内の2つの市場、2種類の資源を更に好く利用して、更に強靭で持続可能な発展を実現することである。

長期からすると、経済のグローバル化はなお歴史の潮流であり、各国の分業・協力、互恵・ウインウインは、長期の趨勢である。我々は歴史の正確な側に立って、改革の深化・開放の拡大を堅持し、科学技術分野の開放・協力を強化し、開放型世界経済の建設を推進し、人類運命共同体の構築を推進しなければならない。

2021年から枠には第14次5カ年計画期間に入る。これは、小康社会の全面建設の基礎の上に、社会主義現代化国家を全面的実現する新たな征途をスタートする最初の5カ年計画であり、意義は十分重大である。党中央は、第14次5カ年計画制定を十分重視しており、関連準備活動は進行中である。本日、皆さんは第14次5カ年計画制定について、多くの価値ある意見・建議を提起しており、関係方面は真剣に検討・吸収してもらいたい。共同努力を通じて、広範な企業と個人事業者は、必ずわが国社会主義の現代化プロセスにおいて、更に大きな役割を発揮し、重大な発展を実現するものと信じている。

  1. 出典は「易:系辞上」。原文は「富有之謂大業、日新之謂盛徳」。