文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
途上国の今を知る

IDEスクエア

コラム

文化ののぞき穴

 
第6回 第90回アカデミー賞授賞式とベトナム女優

PDF版ダウンロードページ:http://hdl.handle.net/2344/00050487

2018年9月

アメリカのロサンゼルスで、現地時間の2018年3月4日に開かれた第90回アカデミー賞授賞式の追悼コーナー。ロックバンド、パール・ジャムのヴォーカルを務めるエディー・ヴェダーが「Room at the Top」を、渋いハスキーヴォイスで静かに力強く歌い上げるなか、ジャンヌ・モロー(1928~2017年)、ロジャー・ムーア(1927~2017年)といった世界の名優や、映画功労者たちと並んで、ベトナム生まれの女優レー・ティ・ヒェップ(1971~2017年)の映像が流れた1。ベトナム生まれの俳優の映像が、アカデミー賞の追悼コーナーで流されたのは、初めてのことという。

ホーチミン市ベトナム共産党の機関紙Sài Gòn Giải phóng(2018年3月6日付)で、ハーイ・ズイ記者は、レー・ティ・ヒェップの映像が流れた瞬間、多くのベトナム人が深く感動し、誇らしく思ったと報じた。

「天と地」

レー・ティ・ヒェップとは、どのような人なのだろう2

レー・ティ・ヒェップは、オリヴァー・ストーン監督の映画「天と地(原題:Heaven & Earth)」(1993年)に主役のレー・リー・ヘイスリップ役で出演した女優である。抗仏戦争下にベトナム中部の農村に生まれ、同胞同士が戦うベトナム戦争の現実の中で深く傷つき、翻弄されながらも、ベトナムで、そして後にアメリカで生き抜くヒロインを好演して、彼女は一躍脚光を浴びた。「天と地」は、「プラトーン(原題:Platoon)」(1986年)、「7月4日に生まれて(原題:Born on the Fourth of July)」(1989年)と併せて、オリヴァー・ストーン監督のベトナム戦争3部作をなす。ちなみに「天と地」では、喜多郎が音楽を担当し、ゴールデングローブ賞作曲賞を受賞している。

「天と地」に出演したとき、レー・ティ・ヒェップはカリフォルニア大学で心理学を学んでいた。当初彼女は、いとこからオーディションの話を聞き、どんな様子かを友人とのぞきに行く程度の気持ちだった。しかし、1万5,000人を超える応募者の中から、オリヴァー・ストーン監督とスタッフによって、レー・ティ・ヒェップは見出された。演技経験もなく、学業を継続することを考えていた学生は、いきなりトミー・リー・ジョーンズのようなベテラン男優らと渡り合う女優になった。

その後彼女は、「Bugis Street」(1995年)、「Cruel Intentions」(1999年)、「Green Dragon」(2001年)、「National Security」(2003年)、「Julia」(2008年)、「Sympathy for Delicious」(2010年)など、多数の映画に出演する。

他方、映画以外の分野でもレー・ティ・ヒェップは活躍してきた。ロスアンゼルスで、2002年にベトナム料理店を開き、料理家としても働いた。10年ほどでその店を閉じた後、フランス・ベトナム料理店を新たに開店し、さらに料理家、レストラン経営者としての道を歩んだ。

2017年12月19日、アメリカのロスアンゼルスの自宅で、夫と2人の子どもを残して彼女は息を引き取った。胃がんが原因だった。

アメリカに来た理由

レー・ティ・ヒェップは、ベトナム戦争下の1971年2月18日にベトナムの中部ダナン市(当時はベトナム共和国=南ベトナム)で生まれた。数年前に出国した父親の後を追って、9歳の時に母親、妹とともに一艘の漁船に乗り込んだ。

ベトナム難民の発生には、3つの波があった。ひとつめは、1975年のサイゴン陥落以降に南ベトナム側の多くの人たちが国外に脱出したとき。2つめは、1978年末のベトナムによるカンボジア侵攻と、その後の中越戦争勃発による対中国関係の緊張が、中国系の人たちの暮らしに大きな圧力をかけたとき。3つめは、1978~1982年に経済危機、政治的抑圧に直面するなかで多くの人たちが国外脱出を試みたとき、である3。レー・ティ・ヒェップたちは、第3の波の時期のベトナム難民であった。

彼女たちを含む多くの国外脱出者を乗せた船は、ベトナムを離れて香港に向かった。運よく香港の難民キャンプにたどり着き、先に出国していた父親と再会を果たす。そして、彼女の家族は、アメリカの北カリフォルニアに渡った。後に、母親が働くフランス・ベトナム料理店があったオークランドに移り住み、高校を卒業して、カリフォルニア大学に進学した。

後に続く者たち

2017年12月15日から日本でも上映されたアメリカの人気映画「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」。受賞はならなかったが、第90回アカデミー賞で視覚効果賞、音響編集賞、録音賞、作曲賞の4部門にノミネートされた。

この映画には、レー・ティ・ヒェップと似た個人的背景を持つベトナム系アメリカ人女優と、ベトナム人女優が出演している。

写真:ハノイ市内の国家映画センター

ハノイ市内の国家映画センター。「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」は、
日本と同じ2017年12月15日から公開された。(筆者撮影)

ベトナム系アメリカ人女優とは、ケリー・マリー・トランのことである4。彼女は、1989年1月17日にカリフォルニア州サンディエゴで生まれた。カリフォルニア大学でコミュニケーションを学んだ彼女は、ショートフィルムやテレビなどに出演していた。「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」では、ベトナム人女優ゴー・タイン・ヴァン(後述)演じるペイジ・ティコの妹ローズ・ティコ役に抜てきされた。ローズ・ティコは、レイア・オーガナ将軍率いるレジスタンスに所属する整備クルーで、中心人物の一人フィンと行動を共にする。

ケリー・マリー・トランの両親は、レー・ティ・ヒェップと同じベトナム難民としてアメリカにやってきた。渡米後、父親はバーガーキングで、母親は葬儀場で働いて家族の生活を支えたという。

つぎに、ベトナム人女優とは、ゴー・タイン・ヴァンのことである。ゴー・タイン・ヴァンは、1979年2月26日にベトナム南部メコンデルタ地域のチャヴィン省で生まれた。彼女は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」の冒頭シーンで、勢力を伸ばすファースト・オーダーに対し、特攻を行うレジスタンスの兵士ペイジ・ティコ役を演じた。子どものころに家族とノルウェーに移住した経験を持つ彼女は、歌手、モデルとしても活躍し、ベトナム国内の映画祭で最優秀女優賞を受賞した実力派である。

同胞として

冒頭で、ホーチミン市ベトナム共産党の機関紙Sài Gòn Giải phóngが、第90回アカデミー賞授賞式の追悼コーナーでレー・ティ・ヒェップの映像が流れたとき、多くのベトナム人が深く感動し、誇らしく思ったと報じたことを、紹介した5。他方、同日付のベトナム共産党中央の機関紙Nhân Dânは、第90回アカデミー賞に関する記事を掲載したものの、レー・ティ・ヒェップについては触れていない。

しかし、地理的にベトナム南部に位置するホーチミン市ベトナム共産党の機関紙とはいえ、少し前であれば、上記のような報道は、見られなかったのではなかろうか。

北緯17度線を境にして、北と南、南と北が戦ったベトナム戦争が終了してから、43年もの月日が流れた。

第90回アカデミー賞追悼コーナーで、故レー・ティ・ヒェップは、期せずして過酷な過去を飛び越えて、同胞のDNAに真っすぐに働きかけた。こうしたことの積み重ねが、南北間のさまざまな歴史的経緯を、ベトナムの人たちが乗り越えていく力のひとつになっていくのかもしれない。

(2018年7月20日脱稿)

著者プロフィール

寺本実(てらもとみのる)。アジア経済研究所地域研究センター東南アジアⅡ研究グループ研究員。主な著作に"Vietnamese Families and the Lives of Family Members with Disabilities: A Case Study in a Commune of the Red River Delta."IDE Discussion Paper No. 720, June 2018、「ベトナムの障害者の生計に関する一考察――タインホア省における、取り巻く環境との関係性に関する事例研究を通して――」(研究ノート『アジア経済』第54巻第3号、2013年9月)、「ベトナムの枯葉剤被災者扶助制度と被災者の生活――中部クアンチ省における事例調査に基づく一考察――」(『アジア経済』第53巻第1号、2012年1月)など。ベトナムの生活保障、社会、平和に関心を持つ。
詳しくは研究者紹介ページをご覧ください。

書籍:IDE Discussion Papers

書籍:アジア経済


  1. 会場で流された画像では、Hiep Thi Le(ヒェップ・ティ・レー)と英語形式にもとづいて表記されていた。しかし、本稿では姓、ミドルネーム、名前というベトナム語の形式に従って、レー・ティ・ヒェップ(Lê Thị Hiệp)と記す。後述するケリー・マリー・トランについては、アメリカ生まれであり、ベトナム語報道でも、Kelly Marie TrầnやKelly Marie Tranという英語に準じた表記を確認したため、そのまま用いる。なお、日本関係者では、映画監督の鈴木清順(1923~2017年)、ゴジラを演じた俳優の中島春雄(1929~2017年)の映像も流された。
  2. 以下、Sài Gòn Giải phóng紙、ウエブ上のTuổi Trẻ online、Thanh niên online、Wikipediaに記された情報に基づいて記す。
  3. James M. Freeman, Nguyễn Đình Hữu 2003. Voices from the Camps: Vietnamese Children Seeking Asylum. Seattle and London: University of Washington Press, pp.6-12. また、1986年に入ってから、国外脱出の新たな増加傾向が見られ、従来に比べて北部出身者が多かったことが特徴として指摘されている。
  4. 以下、Sài Gòn Giải phóng紙、ウエブ上のTuổi Trẻ online、Thanh niên online、Wikipediaに記された情報に基づいて記す。
  5. この記事で、Sài Gòn Giải phóng紙は、先述したケリー・マリー・トランが「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」に出演し、第90回アカデミー賞授賞式に出席したことを伝えている。彼女もレー・ティ・ヒェップの映像を見たのではなかろうか。