文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

レポート・出版物

フリーワード検索

レポート・出版物を、地域・国別、テーマ別、発行年別、シリーズ別に検索できます。

途上国の障害女性・障害児の貧困削減――数的データによる確認と実証分析――

No.636

『途上国の障害女性・障害児の貧困削減――数的データによる確認と実証分析――』
森 壮也 編 / 3,456円(本体価格 3,200円) / 2018年3月発行 / ISBN978-4-258-04636-2
途上国の脆弱層のなかでも、国際的にも関心の高い障害女性と障害児について、フィリピン、インド、インドネシアの三カ国を取り上げ、公開データや独自の数的データを用いて、彼らの貧困について実証的に分析する。

ポスト・マハティール時代のマレーシア――政治と経済はどう変わったか――

No.634

『ポスト・マハティール時代のマレーシア――政治と経済はどう変わったか――』
中村 正志熊谷 聡 編 / 6,912円(本体価格 6,400円) / 2018年3月発行 / ISBN978-4-258-04634-8
マハティール時代に開発独裁といわれたマレーシアはどう変わったか。政治面では野党が台頭し経済面では安定成長が続く。では民主化は進んだのか。中所得国の罠を脱したのか。新時代の政治と経済を総合的に考察する。

不妊治療の時代の中東――家族をつくる、家族を生きる――

No.49

『不妊治療の時代の中東――家族をつくる、家族を生きる――』
村上 薫 編 / 3,348円(本体価格 3,100円) / 2018年3月20日発行 / ISBN978-4-258-29049-9
男女とも「親になって一人前」とされる中東。不妊治療が急速に普及する今、人々は家族をどうつくり、生きようとしているのか。宗教倫理・医療的背景とともに、その営みを描く。

ハイチとドミニカ共和国――ひとつの島に共存するカリブ二国の発展と今――

No.48

『ハイチとドミニカ共和国――ひとつの島に共存するカリブ二国の発展と今――』
山岡 加奈子 編 / 2,700円(本体価格 2,500円) / 2018年3月20日発行 / ISBN978-4-258-29048-2
カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島を分け合うハイチとドミニカ共和国。日本でほとんど知られていない両国は、開発と経済発展、個人独裁の歴史、国民の生活水準、貧困と格差、大国の介入といった点で、共通点と際立った差異の両方を見せている。中米・カリブの専門家によるパイオニア的研究書。

photo

No.635

『中国の都市化と制度改革』
岡本信広 編 / 3,996円(本体価格 3,700円) / 2018年3月発行 / ISBN978-4-258-04635-5
2000年代から急速に進む中国の都市化。中国政府は自由化によって人の流れを都市に向かわせる一方で、都市の混乱を防ぐために都市を制御しようとしている。本書は中国の都市化と政府の役割を考察する。