文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究所について

アジア経済研究所について

所長からのメッセージ

president アジア経済研究所は、開発途上国・地域の経済、政治、社会について基礎的・総合的研究を行う通商産業省(現 経済産業省)所管の特殊法人として、1960年(昭和35年)に設立されました。以来、アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカ、オセアニア、東欧諸国などすべての開発途上国・地域を対象として現地主義、実証主義に基づく調査研究を実施してまいりました。また、それらの国・地域の資料・情報の収集および提供、調査研究成果の普及活動を展開しております。さらに、国内外の研究者、研究機関との共同研究などを通じて、我が国の開発途上国研究交流の拠点として活動を行い、1990年(平成2年)からは開発途上国・地域の経済社会開発に携わる人材の育成にも貢献しております。

その後、研究所を取り巻く環境は大きく変化し、1998年(平成10年)7月には日本貿易振興会(ジェトロ)と統合し、さらに1999年(平成11年)12月には千葉県幕張新都心に活動の拠点を移しました。そして、2003年(平成15年)10月からは、ジェトロの独立行政法人化に伴い「独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所」として各界のニーズに一層応えるため、新たにスタートいたしました。

21世紀に入り、グローバル化の流れが勢いを増し、世界経済発展のため貿易・投資の自由化を求める国際協調の必要性が高まっています。また近年、東アジア共同体構築の名の下に、通貨、金融、通商から非伝統的安全保障に至るまで、さまざまな分野で地域協力が進展しております。研究所としては、これらの複雑さを増す現代の諸問題に対処するため、地域研究、開発研究などの視点から総合的に取り組むことが必要となっています。

アジア経済研究所はこれらの課題に積極的に対応するため、研究活動の一層の充実を図っていく所存です。関係各位のご支援、ご協力を引き続きお願い申し上げます。

白石 隆
アジア経済研究所長