文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス

アジア経済研究所について

プロフィール

事業概要

アジア経済研究所の理念-世界への知的貢献
ジェトロ・アジア経済研究所は、日本における開発途上国研究の拠点として、世界への知的貢献をなすことを目指しています。そのために、それぞれの地域に密着した知識 を収集・蓄積し、開発途上国の実態と課題を明らかにし、開発途上国に対する深い理解を広く国内外に提供します。こうした研究所の活動は、日本の国際理解を 深め、ひいては日本と国際社会との望ましい連携を促進するための知的基盤となるものです。
  • 研究対象

    研究対象

    アジア経済研究所は我が国の代表的な開発途上国に関する社会科学系の研究機関です。約150名の研究者が途上国の経済、社会、政治、国際協力・援助に関する幅広い研究を行っております。
    研究の対象はアジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカ、オセアニアなどの地域にまたがっています。

  • 研究課題

    研究課題

    政府、援助機関、企業、学界等からの研究ニーズを踏まえて、毎年、約50の研究課題が設定され、研究会ベースの共同研究と個人研究が実施されています。共同研究では職員のほかに大学、官公庁、研究機関などの専門家が参加。最終成果はそれぞれ出版物にまとめられ、研究所や外部の出版社から刊行しています。

  • 研究ネットワーク

    研究ネットワーク

    研究の質の向上を図るために、海外からの研究者の招聘及び研修生の受け入れ、職員の海外派遣及び国際会議や学会等への参加・研究発表など、様々な研究交流活動を行っています。これらの活動を通じて国際的な研究ネットワークの構築と拡大を図り、開発途上国研究の交流拠点としての役割を担います。

  • ERIA支援

    ERIA支援

    2007年1月の東アジアサミットにおける首脳間の合意により、東アジア経済統合に関する研究の推進を目的に「東アジア・アセアン経済研究センター」(Economic Research Institute for ASEAN and East Asia:ERIA)が設立されました。アジア経済研究所はERIAの活動に積極的に支援しています。

  • 研究成果

    研究成果

    「研究双書」、「アジア経済」をはじめとする図書・雑誌の刊行、国際シンポジウム・講演会等の開催、ウェブサイト、プレス発表、テレビ・ラジオ出演、雑誌新聞等のインタビュー、大学での講義など様々な媒体を通じて研究成果の普及に努めています。
    ウェブサイトを通じて各種研究情報やディスカッションペーパー(英文)、報告書・レポート、デジタルアーカイブ(AIDE)、アジア動向データベースなどをご利用いただけます。

  • 図書館

    図書館

    開発途上国関連資料に関する世界屈指の専門図書館です。学術図書、統計書など各国の政府刊行物、新聞・雑誌、地図、国際機関の報告書等が豊富で、どなたでも無料でご利用になれます。
    ウェブサービスでは蔵書検索、複写申込、資料問合せの他、貴重資料を公開した「デジタルアーカイブ」や、ご希望の地域・分野の新着文献情報を定期配信する「新着アラートサービス」を用意しています。

  • 開発スクール(IDEAS)

    開発スクール

    アジア経済研究所開発スクール(IDEAS : IDE Advanced School)を運営し、経済開発・社会開発に寄与する高度な能力を有する開発専門家の育成に力を入れています。
    日本人研修生と外国人研修生の2つのプログラムによって、研修の成果を相互に高め合うようなかたちで実施。開発スクールの修了生は、国際機関や国内外の国際協力機関で、また途上国の開発援助の現場で活躍しています。