文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
図書館

アジア経済研究所図書館は、開発途上地域の経済、政治、社会等を中心とする諸分野の学術的文献、
基礎資料、及び最新の新聞・雑誌を所蔵する専門図書館です。どなたでもご利用になれます。

【開館時間】 10:00~18:00
【電話番号】 043-299-9716

【休館日】 第2・4・5土曜、日曜
祝日、月末、年末年始

【最寄駅】
京葉線JR海浜幕張駅 徒歩10分

図書館

レファレンスQ&A

マレーシア

これまで アジ研図書館 にお問い合わせがあったレファレンスから主なものをご紹介します。

東南アジア関連のレファレンスQ&Aページは以下にもございます。本ページと併せてご利用ください。

図書館では、開発途上国に関する文献・情報・統計データ等について、お問い合わせを受け付けています。
☆メールでのお問い合わせの場合は、以下のボタンをクリックしてください。

☆電話でのお問い合わせの場合は、以下の電話番号にご連絡ください。
Tel:043-299-9716 (図書館レファレンス受付電話)

一般・その他

企業

教育

金融・投資

経済

工業・技術

財政

社会

政治

農林・漁業

貿易・通信・運輸

法律

労働・人口

ご回答 (カッコ内は当図書館の請求記号です。)

一般・その他
 New Straits Times の1983年のマイクロフィルムの所蔵状況

1983年のマイクロフィルムは閲覧可能です。日によっては多少欠号が有りますのでご留意ください。(2005年6月)

 マレーシアの「ブミプトラ殖産振興公社」Majlis Amanah Rakyat(MARA)の、1993年当時の総裁の名前

当館所蔵資料の 「Times business directory of Malaysia」 1997/1998年版 (c1996) (請求記号:/061.5/T1008/97|98) によると、Majlis Amanah Rakyat の Executive Officer として Muhd Ridzuan (En) と記載されています (p.131 in Alphabetical section)。
当館ではこの年次のみを所蔵しております。
国内での入手は難しいかもしれませんが、このディレクトリの1993年あたりが閲覧できれば当時の総裁名がわかるかと存じます。(2013年11月)

企業

 マレーシアのバス事業者を一覧できる資料

当館で所蔵しているダイレクトリー類では適当なものがみあたりませんでしたが、下記のウェブサイトからバス事業者のダイレクトリーを参照できます。
Suruhanjaya Pengangkutan Awam Darat (SPAD) = Land Public Transport Commission
http://www.spad.gov.my/
Operators E-Services -> Bus -> Directory と項目を選択
http://www.spad.gov.my/transport-operators/buses/directory
また、ジェトロ・ビジネスライブラリーで各種会社録・ダイレクトリー類を所蔵していますので、お尋ねになってみてください。(2016年12月)

教育

 ・ マレーシアの華人・インド系向け各非正規教育研究機関についての資料
・ イスラム教育の制度・機関やポンドック(pondok)についての資料

マレーシアの教育について、お問い合わせに関連する情報を当館所蔵資料でお調べいたしました。

【華人・インド系向け各非正規教育研究機関】

  1. Yong Zhao (ed.) Handbook of Asian education : a culture perspective, 2011, Routledge (請求記号:AA/37/H2)
  2. 杉村美紀著 『マレーシアの教育政策とマイノリティ : 国民統合のなかの華人学校』 2000年、東京大学出版会 (請求記号:AHMY/37/M2)
  3. 諏訪哲郎, 斉藤利彦編著 『加速化するアジアの教育改革』 2005年、東方書店 (請求記号:AHMY/37/K5)
  4. 西野節男編 『東南アジア・マレー世界のイスラーム教育 : マレーシアとインドネシアの比較』 2010年、東洋大学アジア文化研究所・アジア地域研究センター (請求記号:AH/297/T2)
  5. Robert W. Hefner (ed.) Making modern Muslims : the politics of Islamic education in Southeast Asia, 2009, University of Hawaii Press (請求記号:AH/37/M1)

1. ではマレーシアの教育に関する章 (pp.362-376) で、マレー系、インド系、華人の学校についてそれぞれ言及があります。
3. はマレーシアにおける華文教育の展開について一章が設けられております。

【イスラム教育の制度・機関、ポンドック】

以下の資料をご覧ください、伝統的なイスラム教育の場であるポンドックについて言及があるほか、マレーシアのイスラム教育制度について詳述されております。
久志本裕子著『変容するイスラームの学びの文化 : マレーシア・ムスリム社会と近代学校教育』2014年、ナカニシヤ出版(請求記号:AHMY/37/H1) (2017年11月)

金融・投資

 1. マレーシアのブミプトラの資本所有比率を30%にするための優遇処置は、緩和されたのか廃止されたのか、もし緩和であれば、その内容詳細と時期を、廃止であればその時期
2. マレーシアのイスラム銀行の同国の銀行全体に対する資産の比率と、全世界のイスラム銀行資産に占める比率

  1. ブミプトラの資本所有比率を30%にするための優遇処置の緩和・撤廃について
    アジア経済研究所が毎年発行する 『アジア動向年報』 [請求記号:AA/3/Aj1]の中にある 「重要日誌」 に該当記述がございます (2件)。
    重要日誌は 「アジア動向年報重要日誌検索システム」 としてインターネット上で公開しておりますので、以下 URL からご参照ください。
    • https://d-arch.ide.go.jp/dlib/meta_pub/G0000019ASIADIA_DIA-206-2008-11-12-1
    • https://d-arch.ide.go.jp/dlib/meta_pub/G0000019ASIADIA_DIA-206-2009-04-22-1
    なお、前後の記述も合わせてご覧になりたい場合には、『アジア動向年報』 の全文記事もインターネット上で公開しておりますので、以下をご参照ください。
    • http://hdl.handle.net/2344/00002642
      (該当箇所 pp.326-327)
    • http://hdl.handle.net/2344/00002668 (該当箇所 pp.315-316)
      ※ 「本文」 をクリックしますと、PDF でご覧いただけます。
  2. イスラム銀行の同国の銀行全体に対する資産の比率と、全世界のイスラム銀行資産に占める比率
    上述のお問い合わせにお答えできる情報が見当たりません。 (2017年11月)
経済
 1960~70年代のマレーシアへの経済支援 (支援元国別の実績)

該当年のマレーシアに対する経済支援については、OECD のデータをご覧ください。
ODA Official development assistance : disbursements
DOI : 10.1787/data-00069-en
http://www.oecd-ilibrary.org/development/data/oecd-international-development-statistics/oda-official-development-assistance-disbursements_data-00069-en

(操作手順)

  1. 「Click to Access : DATA」を押下
  2. 上段メニュー 「Customise > Selection > Recipient」 から 「Malaysia」 を選択し、「View Data」 ボタンを押下
  3. 上段メニュー 「Customise > Selection > Donor」からすべての選択肢を選択し、「View Data」ボタンを押下
  4. 上段メニュー 「Customise > Selection > Year」 から、From を 「1960」 に、Toを 「1979」 に設定し、「View Data」 ボタンを押下
  5. 上段メニュー 「Customise > Layout」 を選択し、「Row」 欄に 「Recipient」 「Donor」 を移動させ、「Column」 欄に 「Year」 を移動させ、「View Data」 ボタンを押下

また、上記データでは支援国別に取得するのは難しいため、アジ研 OPAC にて以下の条件で関連資料をお探しください。
地域コード:AHMY (マレーシア)
アジ研件名:経済援助 Economic assistance (2015年9月)

工業・技術
 1975年以降のタイ、マレーシアの4輪車保有台数の推移

以下の統計資料をご覧ください。

  • 『Statistical yearbook Thailand 2006』 (THAI/0A1/。所蔵:1935-2009) の Transport Statistics の章。
  • 『Buku tahunan perangkaan Malaysia = Yearbook of statistics Malaysia』 2008 (MALAY/0A4/。所蔵:1970-2008) の Transport and Communications の章。(2003年8月-2011年3月更新)
 マレーシアの電子電気産業、及び半導体産業についての生産量・輸出量がわかる統計
  1. 『Buku tahunan perangkaan Malaysia = Yearbook of statistics Malaysia』 2008 (MALAY/0A4/。所蔵:1970-2008) には、各製造業生産量について掲載されています。7.7 Exports of mayor selected commodity (電子機器・部品の輸出データ) 5.3 Principal statistics of mayor industries by mayor group (電子機器・部品の生産量) 5.4 Production of mayor production (半導体の生産量)
  2. 『Index of Industrial production』 Jabatan Perangkaan Malaysia (請求記号:MALAY/3M5/。所蔵:1989-2010) にも同様のデータが掲載されています。但し、1970当時の、「Semiconductor」 の生産データが把握できる資料は残念ながら見当たりませんでした。(2006年9月-2011年3月更新)
 マレーシアの塗料、石油化学産業等についての情報が記載されているレポート
  1. 当館で所蔵している以下の資料に石油化学産業について記載があります。しかし、とくに塗料についての項目はありません。
    1. アジアの石油化学工業 = Petrochemical industries in Asia 2013年版 / 重化学工業通信社・アジア事業部 [編集] (東京 : 重化学工業通信社) (請求記号:AA/66/A1/2013) p.301-320 <6> マレーシアの項目に概要、統計等の記載があります。
      当館では 1992, 1994-1995, 1999-2000, 2004-2013 年版を所蔵しています。
    2. 東南アジアの石油化学産業 2000 : 激動する東南アジアの石化産業を展望する / [執筆編集者: 可児勝, 久布白兼三, 川村幸雄] (東京 : ダイヤリサーチマーテック , 1999.12) (請求記号:AH/66/T1) p.187-286 第3章 「マレーシアの石油化学産業」
      当館では2000年版のみを所蔵しています。
  2. また、以下のウェブサイトがお役に立つかと存じます。
    独立行政法人科学技術振興機構 J-STAGE
    https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja
    日本国内の科学技術情報関係の電子ジャーナルを搭載しています。上部にある検索窓のところで、記事の窓に 「マレーシア 塗料」 と入力するといくつか文献がヒットします。(2013年11月)
財政

 マレーシアのザカートの徴収額、所得税、全歳入合計のデータ (1995-2014年、リンギットベース)

  1. ザカート
    マレーシアにてザカートの徴収を管轄する Psat Pungutan Zakat - MAIWP のホームページにある年次報告書 “Laporan Zakat” に、毎年の収集金額が掲載されております。
    (http://www.zakat.com.my/info-ppz/laporan/buku-laporan/)。
    例えば2014年版の場合ですと、pp.42の “Prestasi Kutipan Zakat” がそれにあたります。報告書はお探しの1995-2014年版まですべてそろっております。各年で見出しの表記が多少違うようですが、“Prestasi Kutipan Zakat” や “Statistik Kutipan Zakat” といった項目が該当するデータの記載箇所です。
    【参考】 Kutipan = 収集、Jumlah = 合計・総額
  2. 所得税
    OECD のデータベースにマレーシアの1990-2015年の税収に関する詳細内訳データがございましたので、こちらをご参照ください。
    https://stats.oecd.org/Index.aspx?DataSetCode=REVMYS
  3. 歳入
    マレーシア財務省ホームページに掲載されている経済データのなかに、1970-2017年までの歳入データを確認することができます。
    http://www.treasury.gov.my/index.php/en/economy/economic-data.html
    1.3 Federal Government Revenue をご参照ください。エクセル等のファイルでダウンロードが可能です。(2017年10月)
社会
 マレーシアの介護福祉に関する資料。介護設備、スタッフや体制、介護資格など。出来れば日本語の文献

当館所蔵のものでは、主に以下の雑誌論文と図書があります。

  • 雑誌論文
    • 村上真也 「マレーシアのリハビリテーションの現状 -- 作業療法士としての関わりから」 (特集 マレーシアの障害者・児の医療と福祉)、『アジア福祉文化研究センター研究紀要』 3 (1)
    • 松本好生 「マレーシア・ペナンにおける福祉と施設の現状」 (特集 マレーシアの障害者・児の医療と福祉)、『アジア福祉文化研究センタ-研究紀要』 3 (1)
    • 佐藤ゆき 「マレーシアの医療事情・医療機関」、マレイシア日本人商工会議所 『会報』、92
    • 菅谷広宣 「マレーシアの所得保障と医療保障」 (特集 成長するアジアの社会保障)、国立社会保障・人口問題研究所 [編] 『海外社会保障研究』 150
    • 奥野克巳 「近代医療を待ちながら -- サラワクの辺境から眺める」 (特集1 グローバル化する近代医療)、『地域研究 JCAS review』、7 (2)
    • 「マレーシアにおける地域に根ざしたリハビリテーションの現状と課題 -政府主導の活動と民間活動の分析から-」 『秋田大学医療技術短期大学部紀要』、10 (2)
  • 図書
    • 『東アジアの福祉システムの行方 : 企業内福祉と国家の社会保障制度 : 論点の整理とデータ集』 末廣昭編集、金炫成編集協力 (AA/36/H1)
    • 『アジアの福祉国家政策』 芦書房 (AA/36/A10)
    • 『マレーシアの社会と社会福祉』 明石書店 (AHMY/36/M1) (2010年4月-2011年3月更新)
政治
 マレーシアではイスラム主義者の政治運動はあるのか

合法的な運動と非合法的な運動とがあります。前者は政党によるものとそれ以外の団体によるものに分かれます。政党によるものはさらに与党系のものと野党系のものに分かれます。野党系によるものについては、次の参考資料があります。

  • 川端隆史 「ウラマー指導体制下での汎マレーシア・イスラーム政党 (PAS)」 (鳥居高編 『マハティール政権下のマレーシア』 研究双書 557 第8章 (AHMY/338.92/Aj1))。

非合法の運動については、次の文献があります。

  • 『東南アジアにおけるイスラム過激派事情』 近代文芸社 (AH/323.2/T1) (2008年6月)
 マレーシア連邦下院選挙における選挙区ごとの民族構成比が分かる資料、または近似の数値を算出できる人口統計等

統計を把握しているのはマレーシア選挙管理委員会 (SPM) ですが、選挙ごとに刊行されている報告書はあくまで選挙結果に関するものなので、そのなかに該当数値は含まれておりません。
SPM の1955年から2008年までの刊行物一覧には見当たらない一方、一部の概説書 (元SPM幹部著) には特定年度の詳細な数値が掲載されていたりするので SPM が数値を把握していることは確実ですので、内部資料 (ただし秘密ではない) かと思われます。
選挙に関する論文の多くは新聞、雑誌、年鑑、ウェブサイトなどの二次的資料 (特に新聞) から情報を得ているようです。
例えば以下です。

  • Elections and democracy in Malaysia / edited by Mavis Puthucheary, Norani Othman (Penerbit Universiti Kebangsaan Malaysia , 2005) (請求記号:AHMY/324/E3) p.109-111 Table4.1 に Ethnic composition of Sabah Constituencies, 1994 and 1999 有り。
  • The conduct of election in Malaysia / Datuk Hj. A. Rashid A. Rahman (Berita Pub. , 1994) (請求記号:/324/Co1002) Appendix I に州毎の Total number and percentage of registered electors according to race 1993 (28.4.1994)、Appendix II ~ XV に、Parliamentary constituency、State Constituency 毎の Number and percentage of registered electors according to race 1993 (28.4.94) 有り。

人口センサスには、各州の人口の民族構成比は出ています。ただし、センサスの年によって、民族の項目が異なる (Malays のみで、other bumiputera はなし等)、州の中のより詳細なデータ (sub-district 等のデータ) のあるなし、年齢別の構成比のあるなし、などが異なりますので、単純な比較はできないと思います。
当館では、人口センサスについては、1947, 1957, 1970, 1980, 1991, 2000 を所蔵しています。
より詳しい所蔵情報は、OPAC で 「件名」 に Malaysia census population* を入力して検索すると出てきます。(2014年8月)

 マレーシアの汚職に関する統計情報

NGO 団体 Transparency International が毎年発表する 各国汚職指数・ランキングをホームページで確認することができます (1995年から)。この中にマレーシアの指数・ランキングも含まれております。
https://www.transparency.org/research/cpi/overview

同 NGO 団体のマレーシア支部にあたる Transparency International Malaysia もホームページで指数を発表しておりますが、直近の情報が多く、上記ページのほうが過去分までさかのぼることができました。
http://transparency.org.my/

このほか、マレーシア反汚職委員会 (Malaysian Anti-Corruption Commission, http://www.sprm.gov.my/ ) ではホームページで逮捕数などのデータを発表しております。ただ、こちらは2011年までしか掲載されておりません。
このほか、直接は関係ないかもしれませんが、同ホームページにはこれまでの汚職違反者のデータベースもございました。
http://www.sprm.gov.my/index.php/en/enforcement/corruption-offenders-database

当館所蔵資料では、ご紹介できるような関連した統計資料は見当たりませんでした。(2017年12月)

農林・漁業
 マレーシアの2007年から2012年までの農家世帯数(全国と地域ごと)、平均農地面積、収穫面積、生産量、野菜ごとの政府公定価格、月別平均気温や雨量などのデータ

まず、2007年から2012年までの農家世帯数 (全国と地域ごと) ですが、世帯数ではなく、就業者数でしたら、Agriculture census 2005 : crops / Department of Statistics, Malaysia (請求記号:MALAY/2Ir3) の47ページに州別、作物別にその総数が掲載されています。それ以降のデータにつきましては、Report of the labour force survey / Department of Statistics, Malaysia 2010 (請求記号:MALAY/1An1/2010) の49ページに2010年の農業従事者数が掲載されています。
平均農地面積、収穫面積 (米やトウモロコシなど)、生産量につきましては、Yearbook of statistics Malaysia 2010 / Department of Statistics, Malaysia (請求記号:MALAY/0A4/2010) の50~69ページに、マレー半島、サバ、サラワクにおけるゴム、油椰子、椰子、カカオ、稲の農地面積と生産高が掲載されています。マレー半島の州ごとのデータは State/district data bank, Malaysia / Department of Statistics, Malaysia (請求記号:MALAY/0A5/2010) の199~200ページに掲載されています。
野菜ごとの政府公定価格につきましては、関係資料は見つけられませんでした。
月別平均気温や雨量などのデータにつきましては、Yearbook of statistics Malaysia 2010 / Department of Statistics, Malaysia (請求記号:MALAY/0A4/2010) の8~14ページに地区ごとの平均気温、年間降水量、雨の降る日の総日数が掲載されています。(2013年4月)

貿易・通信・運輸
 マレーシア航空が危機を迎える中、LCC(Low Cost Carrier)として順調に規模を拡大するエア・アジアの秘密

雑誌 『海外事情』 (拓殖大学海外事情研究所発行) (請求記号:Pja/3/Ka4) の第62巻第10号 (2014年10月) p.61-74 に、マレーシア航空の経営危機を扱った川端隆史著 「マレーシア航空を襲った二つの悲劇」 と題する論文が掲載されています。その中で、エア・アジアの競争力に触れた部分が数箇所あります。(2014年12月)

法律
 マレーシアにおける会社設立方法を記した資料、および就労ビザ取得手続を記した資料

『マレーシア会社法』 エヌ・エヌ・エー (AHMY/347.7/M39)、『マレーシア製造業投資:政策、優遇措置、制度』 Malaysian Industrial Development Authority (AHMY/332.46/M6。所蔵:1993-2007)、の他、マレーシア移民局ホームページ
(http://www.imi.gov.my/index.php/en) をご覧になって下さい。
また、ジェトロホームページの海外ビジネス情報 国・地域別情報 (J-FILE) には、"外国企業の会社設立手続き・必要書類" についての簡単な説明が出ています (http://www.jetro.go.jp/world/asia/my/invest_09/)。(2007年10月-2011年3月更新)

労働・人口

 最近50年間の以下のデータ
1. マレーシア各州の人口の増減
2. マレーシア国内産業セグメント別の就労者人口
3. マレーシア・輸出品目の推移

以下の統計資料がありますが、遡れる年次に限りますので、すべてのデータが入手できるとは限りません。

  1. マレーシア各州の人口の増減
    『Buku tahunan perangkaan Malaysia = Yearbook of statistics Malaysia』 2008 (請求記号:MALAY/0A4/。所蔵:1985-2008) 5年分の州別人口。
  2. マレーシア国内産業セグメント別の就労者人口
    『Buku tahunan perangkaan Malaysia = Yearbook of statistics Malaysia』 2008 (請求記号:MALAY/0A4/。所蔵:1985-2008) 5年分の産業別就業者数。
  3. マレーシア・輸出品目の推移
    『Buku tahunan perangkaan Malaysia = Yearbook of statistics Malaysia』 2008 (請求記号:MALAY/0A4/。所蔵:1985-2008) 5年分のExports of Major and Selected Commodities。
    World Trade Atlas (データベース)

1997-2008年の品目別輸出金額。年毎に金額の大きい順に並べ替えることができます。
また、赤坂の JETRO 本部ビジネス・ライブラリーでも同一の資料 (データベースも) を所蔵しており、1960年代の古い年次も所蔵しています。(2009年2月)

 マレーシアの人口(男女比・年齢構成)及び所得

"Buku tahunan perangkaan Malaysia = Yearbook of statistics Malaysia 2010" (請求記号:MALAY/0A4/2010) に以下の掲載がございます。

  • 人口 (男女比) : 表3.1 Population by Sex and State
  • 人口 (年齢構成) : 表3.5 Population by Age Group, Ethnic Group and Sex
  • 所得 : 表10.1 Mean Monthly Gross Household Income by Ethnic Group and Stratum

更に詳しい人口のデータとしては、"Taburan penduduk dan ciri-ciri asas demografi = Population distribution and basic demographic characteristics [CD-ROM ed.]" (2000センサス) (請求記号:/Cdrom/C513/1) がございます。
マレーシア統計局のウェブサイト (http://www.statistics.gov.my/) では、最新のデータの掲載もございますので、合わせてご確認ください。
例として、
人口:Population Distribution and Basic Demographic Characteristics 2010
所得:The Household Income and Basic Amenities Survey (HIS/BA) 2009 (2013年3月更新)

 マレーシアの学歴別人口統計

以下の資料に各種のデータが掲載されていましたので、ご参照ください。

  • 「Ciri-ciri pendidikan dan sosial penduduk : Education and social characteristics of the population」 (Putrajaya : Jabatan Perangkaan Malaysia, [2013]) (請求記号:MALAY/1Ir15/3)

また、教育省 (http://www.moe.gov.my/en/home) のウェブサイトからより新しいデータが入手できます。例えば、上記サイト下方の「statistics」 から 「Click here for more information」 を選択すると、「Quick Facts 2014」 等にアクセスできます。
ほかにも古いデータをさかのぼる場合は、「Educational statistics of Malaysia」 (請求記号:MALAY/9A6/) の1938-1971, 1973-1979, 1986-1989, 1991-2003年版、「Educational statistics Malaysia : basic information of schools」 (請求記号:MALAY/9A12) の1994-1996年版を所蔵しております。(2014年12月)

 タイとマレーシアの世帯構成が分かる統計資料

  1. タイの世帯構成統計について
    以下の2000年版タイ人口センサスに記載されています。
    National Statistical Office, 2000 Population & Housing Census Whole Kingdom p.256-260 (請求記号:THAI/1Ir1/1)
    ウェブサイトでは該当の表は公開されておりませんでした。
    ※ タイ2000年人口センサスのページ (参考)
    http://web.nso.go.th/en/census/poph/cen_poph.htm
    ★ 世帯の形態として、以下の統計が記載されています。
    1. unrelated individuals
    2. nuclear family
    3. vertical (stem)
    4. horizonal (joint)
    5. vertical and horizonal (stem-joint)
    2010年版の人口センサスには、世帯構成の調査結果が記載されていませんでした。
  2. マレーシアの世帯構成統計について
    以下の2000年版マレーシア人口センサスに記載されています。
    Household characteristics (2000 Population and housing census of Malaysia) (請求記号:MALAY/1Ir3/4)
    ※ 2000年版のウェブサイトでの公開はありませんでした。
    ★ 世帯の形態として、以下の統計が記載されています。
    1. single member household
    2. unrelated member household
    3. nuclear family household
    4. extende family household
    5. other related members household
    * p.112-114:全国
    table 6.1 Average size of private households by type of household, ethnic group of head of household, stratum and state, Malaysia 2000
    * p.115-162:州別
    2010年版人口センサスについて、当館では "Household characteristics" を現時点で所蔵しておりません。
    以下のマレーシア統計局のウェブサイトのプレスリリースに、Chart 4 : Percentage of households by household type, Malaysia, 2000 and 2010 (p.5) が記載されていますのでご参照ください。
    • プレスリリースPDF版
      https://www.statistics.gov.my/images/stories/files/LatestReleases/population/Web_Release_Ciri_IR2010.pdf
    • 統計局ウェブサイト該当ページ
      https://www.statistics.gov.my/index.php?r=column/cthemeByCat
      &cat=117&bul_id=cUxSKzBHRktuRGJqajFQK2RiRHpKUT09&menu_id=L0pheU43NWJwRWVSZklWdzQ4TlhUUT09 (2015年8月)

 マレーシアの全国レベルよりも細かい区分で収入・人口がわかるデータ

【収入】

マレーシア統計局のウェブサイト (http://www.statistics.gov.my/) で Statistics タブ → By Themes → Household Income & Expenditure
“Report of Household Income and Basic Amenities Survey 2014” に州ごとの世帯収入の平均・中央値が掲載されております。

【人口】

同ウェブサイトのホーム画面から Online Services を選択 → Population Quick Info
2016年の州別人口データを入手することができます。(2017年7月)