skip to contents.

ラテンアメリカレポート

Vol.33 No.2(2017年1月)

変動するラテンアメリカ諸国の情勢を的確に分析し長期に亘る社会発展の諸相を考察する。
年2回(7月、1月発行)・平均72頁

『ラテンアメリカ・レポート』ウェブ公開についてのお知らせ

『ラテンアメリカ・レポート』は現在、刊行から1年を経過した掲載稿についてアジア経済研究所ウェブサイトで無料公開していますが、より迅速かつ広範な研究成果の発信を目指し、2017年7月刊行号より紙媒体刊行後、掲載稿の即時ウェブ公開を行うことにいたしました。なお2016年度より発行月がVol.1 は7月、Vol.2は1月に変更されています。

今後も紙面の充実を図るとともに、読者ならびに投稿者の皆様へのご期待に沿うよういっそうの努力をしてゆく所存です。


ラテンアメリカレポート 最新刊 ■ ラテンアメリカレポート Vol.33 No.2(2017年1月)
■ 1,296円(本体価格 1,200円)
■ B5判
■ 72pp.
■ 2017年1月発行
インターネットで雑誌購入インターネットで雑誌定期購読 バックナンバー
■ 国・地域別記事索引    ■ 政治関連記事索引   

CONTENTS

フォーラム
グアナファトとその周辺の自動車産業についての考察 / 鈴木康久
論 稿
コモディティ・ブーム後のブラジル経済—課題と展望 / 河合沙織
右派への支持が集中した2016年ペルー大統領選挙 / 清水達也
先住民の教育と「インターカルチュラルな状況」の出現—メキシコの事例 / 米村 明夫
現地調査報告
メキシコ:日系企業の進出が労働市場に及ぼすインパクト / 星野妙子
学会報告
日本のラテンアメリカ研究を振り返る—アメリカ合衆国と中国の学術会合に参加して / 宮地隆廣
資料紹介
岡田勇著『資源国家と民主主義—ラテンアメリカの挑戦』/ 菊池啓一
窪田暁著『「野球移民」を生み出す人びと—ドミニカ共和国とアメリカにまたがる扶養義務のネットワーク』/ 坂口安紀
細田晴子著『カストロとフランコ—冷戦期外交の舞台裏』/ 山岡加奈子
遠藤十亜希著『南米「棄民」政策の実像』/ 則竹理人
黒田学編『スペイン語圏のインクルーシブ教育と福祉の課題 スペイン,メキシコ,キューバ,チリ』/ 森 壮也
ブラジル日本商工会議所編『新版 現代ブラジル事典』/ 近田亮平
アンガス・ライト,ウェンディー・ウォルフォールド著,山本正三訳『大地を受け継ぐ—土地なし農民運動と新しいブラジルをめざす苦闘』/ 近田亮平
アンドレス・オッペンハイマー著,渡邉尚人訳『創造か死か—ラテンアメリカに希望を生む革新の5つの鍵』/ 坂口安紀