文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

ラテンアメリカレポート

Vol.29 No.2(2012年12月)

変動するラテンアメリカ諸国の情勢を的確に分析し長期に亘る社会発展の諸相を考察する。 年2回(6月、12月発行)B5判・平均84頁・1,260円(本体価格 1,200円)

■ ラテンアメリカレポート Vol.29 No.2(2012年12月)
■ 1,296円(本体価格 1,200円)
■ B5判
■ 96pp
■ 2012年12月

CONTENTS
フォーラム
特集:ラテンアメリカ政治の現在

追記「 チャベス大統領の癌の再発・再手術と今後の展望 」を掲載しました(2012年12月20日記)。

資 料

ブラジルの医療制度 (1517KB) / 本田達郎

現地報告

ペルー・リマの自動車通勤 (2101KB) / 清水達也

資料紹介 (1325KB)

菊池努・畑惠子編著『ラテンアメリカ・オセアニア』 山岡加奈子
フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ,エンソ・ファレット著(鈴木茂,受田宏之,宮地隆廣訳)
『ラテンアメリカにおける従属と発展—グローバリゼーションの歴史社会学—』 近田 亮平
杉山知子著『移行期の正義とラテンアメリカの教訓—真実と正義の政治学—』 山岡加奈子
堀坂浩太郎著『ブラジル—跳躍の奇跡—』 村井 知子
小泉達治著『バイオエネルギー大国 ブラジルの挑戦』 近田 亮平
本郷豊・細野昭雄著『ブラジルの不毛の大地「セラード」開発の奇跡』 宇佐見耕一
フアーナ・カストロ 著,マリーア・アントニエタ・コリンズ構成,伊高浩昭訳
『カストロ家の真実—CIA に協力した妹が語るフィデルとラウール—』 山岡加奈子
斉藤泰雄著『教育における国家原理と市場原理—チリ現代教育政策史に関する研究—』 米村明夫