文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2016年度

2016年度 研究テーマ:C-11
ポスト・マハティール期のマレーシアにおける政治経済変容

概要

2003年10月にマハティール首相が退任した後のマレーシアでは、政治的には野党の躍進と政党制の再編、経済的には地場企業の海外進出などの変化が生じた。最近は政治対立が民族対立の様相を帯びるなどの社会的変化も見られる。本研究会では、いかなる変化が生じたのかを把握し、変化が生じた(あるいは生じなかった)原因を探る。

期間

2015年4月~2017年3月

研究会メンバー
[ 主査・幹事 ] 中村 正志
[ 委員 ] 熊谷 聡
[ 委員 ] 梅﨑 創
[ 委員 ] 伊賀 司 (京都大学東南アジア研究所 日本学術振興会特別研究員)
[ 委員 ] 鈴木 絢女 (同志社大学准教授)
[ 委員 ] 鷲田 任邦 (早稲田大学助教)
[ 委員 ] 川端 隆史 (Lead ASEAN Economist, Uzabase Asia Pacific Pte. Ltd)
研究成果
  • 和文単行書『研究双書』