文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

国際シンポジウム

責任あるビジネス・責任あるサプライチェーン
「ビジネスと人権に関する国連指導原則」を日本はどのように活かせるか

>>開催報告1 (789KB)
>>開催報告2 (752KB)
>>開催報告3 (707KB)
>>開催報告4 (712KB)
>>開催報告5 (668KB)

2011年国連人権理事会において、「ビジネスと人権に関する指導原則」(UN Guiding Principles on Business and Human Rights)が承認されました。同原則は人権保護という国家の義務を再度強調し、同時にすべてのビジネスが人権を尊重する責務を負うことを明確にしています。2015年エルマウサミットでも、同原則が言及され、重点的政策課題のひとつとして「責任あるサプライチェーン」が取り上げられました。また、2016年4月にはビジネスと人権に関するアジア地域初のフォーラムがカタールで開催され、FIFAが指導原則にコミットすることが表明されました。

新興国や開発途上国でのビジネス展開において、進出企業は人権課題に直面しており、人権リスクの効果的なマネジメントは、国内および海外における「責任あるビジネス・投資」に不可分です。ビジネスの主体は企業のみならず、様々な組織、団体そして政府自体も、公共調達、信用供与、ODAなどを通じて経済活動に関係します。

日本は指導原則をどのように活かし、グローバルな期待にどう応えるべきでしょうか。本シンポジウムでは、指導原則にもとづく行動計画(National Action Plan: NAP)を策定している国々や国際的な動向について専門家から報告して頂き、企業からのパネリストとともに日本が直面する課題について議論をおこないます。

皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時

2016年6月29日 (水曜) 13時30分~17時30分(開場13時00分)

会場

国連大学 ウ・タント国際会議場
(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
JR渋谷駅から徒歩10分
地下鉄表参道駅出口B2(銀座線、半蔵門線、千代田線)から徒歩5分
青山通りをはさんだ向かいには青山学院大学があります。

プログラム

(予定)

13:30~13:40 開会挨拶
経済産業省
13:40~14:10 趣旨説明
山田美和 (ジェトロ・アジア経済研究所 新領域研究センター 法・制度研究グループ長)
14:10~14:50 基調講演:「新興国・途上国における企業活動と人権リスクの課題」
Vicky Bowman氏(Director, Myanmar Centre for Responsible Business)
14:50~15:25 報告1:「指導原則の実行の現状と今後—人権デューデリジェンスのグローバル展開」
Allan Lerberg Jorgensen氏(Department Director, Human Rights and Development Department, Danish Institute for Human Rights)
コーヒーブレイク
15:45~16:20 報告2:「米国における指導原則の実行—政府・企業・CSO」
Sara Blackwell氏(Legal and Policy Coordinator, International Corporate Accountability Roundtable)
パネルディスカッション・質疑応答
16:20~17:25 <モデレーター>
  • 佐藤寛 (ジェトロ・アジア経済研究所 新領域研究センター 上席主任調査研究員)
<パネリスト>
  • Vicky Bowman氏
  • Allan Lerberg Jorgensen氏
  • Sara Blackwell氏
  • 木村紀子氏(イオン株式会社品質管理部イオンサプライヤーCoC事務局マネージャー)
  • 藤崎壮吾氏(富士通株式会社 CSR推進室部長)
17:25~17:30 閉会挨拶
佐藤百合 (ジェトロ・アジア経済研究所 理事)
使用言語

日本語、英語(日英同時通訳あり)
※講演資料等は原則として英語となります。

主催

ジェトロ・アジア経済研究所

後援

経済産業省

参加費

無料

※ 取材のため会場内にメディアのカメラや撮影チームが入る可能性もありますのでご了承ください。

お問い合わせ先
ジェトロ・アジア経済研究所 研究支援部 成果普及課
Tel: 043-299-9536 Fax: 043-299-9726
E-mail:sympo-sc E-mail