文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

Which Tail Matters? Inequality and Growth in Brazil

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しております。

研究所内外における研究者の方の研究成果、研究活動の中間発表を行っていただくほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
——参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」とお伝え頂き、開催場所まで直接お越し下さい。——
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得て頂きますよう、お願い申し上げます。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもございます。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認頂きましてからお出かけください。

お問い合わせ先

ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
今井 宏平 E-mail:kohei_imaiE-mail
粒良 麻知子 E-mail:Machiko_TsuburaE-mail
明日山 陽子 E-mail:yoko_asuyamaE-mail
成果普及課 Tel:043-299-9536

開催日時

2017年1月27日 (金曜) 10時30分~12時00分

会場
要 旨

We estimate the effect of initial income inequality on subsequent income per capita growth using sub-national data from Brazil over the period 1970-2000. Controlling for initial income per capita and other standard confounders, we find that places with higher initial inequality exhibit higher subsequent growth. This effect is entirely driven by the lower tail of the initial income distribution: places with a higher share of income going to the middle quintile at the expense of the bottom quintile grow more rapidly, while places with a higher share of income going to the top quintile at the expense of the middle quintile get no growth boost at all. We document that physical and human capital accumulation in places with higher inequality in the lower tail of the initial income distribution outpace capital accumulation in more equal places, while inequality in the upper tail of the distribution is uncorrelated with subsequent physical or human capital growth. These results are consistent with credit constraints and setup costs for human and physical capital investments as well as an increasing and concave individual propensity to save.

講師

Professor Stephan Litschig (National Graduate Institute for olicy Studies (GRIPS))

司会
使用言語

英語