文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2017年度

21世紀アジア諸国の人文社会科学における研究評価制度とその影響(2017_2_40_018)

概要

1990年代以降急速に進行した情報化やグローバリゼーションは、アジア諸国の人文・社会科学の研究評価制度にも大きな影響を与えている。その影響は必ずしもすべてが好ましいわけではなく、好ましいとは考えられないものも含まれている。この研究会では、アジアにおける知識創造の制度として、研究評価制度を分析する。主な研究課題は2つである。第1に、グローバリゼーションと情報化が進む今世紀において、アジア諸国の研究評価制度がどうなっているのか。第2に、それぞれの研究評価制度が実際の研究活動、そして創造される知識にどのような影響を与えているのか。これらについて明らかにし、それを広く社会に伝えることが目的である。

期間

2017年4月~2019年3月

研究会メンバー
[ 主査・幹事 ] 佐藤 幸人
[ 委員 ] 二階 宏之 (図書館研究情報レファレンス課)
[ 委員 ] 澤田 裕子 (図書館研究情報企画課)
[ 委員 ] 狩野 修二 (図書館研究情報整備課)
[ 委員 ] 岸 真由美(図書館研究情報整備課)
研究成果
  • アジ研選書