文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APL Bakery Seminar

気候変動と貿易におけるグローバル・ガバナンス(APLシリーズ「グローバル・ガバナンスを考える」第3回セッション)

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しております。

研究所内外における研究者の方の研究成果、研究活動の中間発表を行っていただくほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
——参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」とお伝え頂き、開催場所まで直接お越し下さい。——
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得て頂きますよう、お願い申し上げます。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもございます。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認頂きましてからお出かけください。

お問い合わせ先

ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
今井 宏平 E-mail:kohei_imaiE-mail
粒良 麻知子 E-mail:Machiko_TsuburaE-mail
明日山 陽子 E-mail:yoko_asuyamaE-mail
成果普及課 Tel:043-299-9536

開催日時

2016年12月15日 (木曜) 12時15分~13時15分

会場
要 旨

2016年11月、気候変動に関するパリ協定が発効した。昨年のCOP21で採択されてから1年に満たないスピード発効である。

一方、貿易分野では、2001年に始まったWTO交渉(ドーハ開発アジェンダ)は15年経過した現在でも合意の目処はたっておらず、交渉の一部を切り取って合意(2013年12月)、採択(2014年11月)された貿易円滑化協定も未だ発効していない。気候変動と貿易におけるこうした成果の違いは何に依拠するのだろうか。両者を比較し、相違点を検討することで、それぞれの分野におけるガバナンスの特徴を探る。

講師
使用言語

日本語