文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

アジア動向年報

2020

2019年のアジアは世界で最も高い経済成長を遂げた地域となった一方で、米中貿易摩擦や一部の国における政治不安、また地政学的な緊張により、不確実性が増した年となりました。『アジア動向年報2020』では23のアジアの国・地域、またアメリカとアジアの関係をカバーし、各国・地域を長年観察してきた研究者が現地の一次資料や現地調査に基づいて2019年の動向を分析するだけでなく、その歴史的背景や意味についても明らかにしています。

2020アジア動向年報

new
■ アジア動向年報 2020
■ 6,930円(本体価格 6,300円)
■ A5判
■ 594pp
■ 2020年6月15日

全国の書店およびオンライン書店でお求めになれます。

■ 各国・地域の動向 大韓民国/朝鮮民主主義人民共和国/モンゴル/中国/香港特別行政区/台湾/ASEAN/ベトナム/カンボジア/ラオス/タイ/フィリピン/マレーシア/シンガポール/インドネシア/ティモール・レステ(東ティモール)/ミャンマー/バングラデシュ/インド/ネパール/スリランカ/パキスタン/アフガニスタン

CONTENTS
主要トピックス
各国・地域の動向

朝鮮民主主義人民共和国
一進一退の対米関係 / 中川 雅彦

香港特別行政区
大規模デモと政治危機の発生 / 倉田 徹

ASEAN
インド太平洋構想の発表 / 鈴木 早苗

ティモール・レステ(東ティモール)
続く政治的混乱と住民投票20周年 / 亀山 恵理子

パキスタン
IMFからの財政支援が決定 / 井上 あえか、牧野 百恵