文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

出版物・報告書

新刊のご案内

途上国における農業経営の変革

No.640

『途上国における農業経営の変革』
清水 達也 編 / 3,996円(本体価格 3,700円) / 2019年3月発行 / ISBN978-4-258-04640-9
途上国の農業部門では、土地の売買や賃貸借、農作業の機械化や受委託、知識集約的な投入財や栽培技術の導入、生産から販売までの統合など、数々の変化が起きている。これに対応するために、外部から資本や労働力などの経営資源を積極的に導入し、経営規模を拡大してダイナミックな成長を遂げる農業経営体が現れている。家族経営を越えた新しい農業経営の形となりえるのか、アジアやラテンアメリカの事例研究を通して考える。

中台関係のダイナミズムと台湾

No.639

『中台関係のダイナミズムと台湾――馬英九政権期の展開――』
川上 桃子松本 はる香 編 / 3,888円(本体価格 3,600円) / 2019年3月発行 / ISBN978-4-258-04639-3
中国との葛藤に満ちた関係は、台湾の政治と経済にどのようなインパクトをもたらしているのか?馬英九政権期(2008~16年)の分析を通じて、中台関係の展開と台湾の構造変動を探る。

資源環境政策の形成過程――「初期」の制度と組織を中心に――

No.638

『資源環境政策の形成過程――「初期」の制度と組織を中心に――』
寺尾 忠能 編 / 3,132円(本体価格 2,900円) / 2019年3月発行 / ISBN978-4-258-04638-6
資源環境政策は「後発の公共政策」であり、その形成過程は既存の経済開発政策の影響を受け、強い経路依存性を持つ。発展段階が異なる諸地域で資源環境政策の形成過程をとりあげてその「初期」に着目し、そこで直面した困難と内在した問題点を分析する。

現代フィリピンの法と政治

No.53

『現代フィリピンの法と政治――再民主化後30年の軌跡――』
知花 いづみ今泉 慎也 著 / 2,484円(本体価格 2,300円) / 2019年3月18日発行 / ISBN978-4-258-29053-6
アジア諸国における民主化運動と憲法改革の先駆けとなったフィリピンの1987年憲法の制度設計と政治・社会との関係の考察を通じて、フィリピンの政治と法の課題を探る。

21世紀のフィリピン経済・政治・産業

No.52

『21世紀のフィリピン経済・政治・産業――最後の龍になれるか?――』
柏原 千英 編 / 2,592円(本体価格 2,400円) / 2019年3月13日発行 / ISBN978-4-258-29052-9
「アジアの奇跡」に乗り遅れたフィリピンは、約30年遅れて「最後の龍」になれるだろうか。近年、活況を呈する同国の2000年代以降における経済・政治・産業を概観・解説する。

アジアの障害者のアクセシビリティ法制

No.51

『アジアの障害者のアクセシビリティ法制――バリアフリー化の現状と課題――』
小林 昌之 編 / 2,808円(本体価格 2,600円) / 2019年3月12日発行 / ISBN978-4-258-29051-2
障害者がほかの者と平等に人権および基本的自由を享有するための前提条件であるアクセシビリティの保障について、アジア6カ国の法整備の実態を分析し、課題を明らかにする。

メキシコの21世紀

No.637

『メキシコの21世紀』
星野 妙子 編 / 4,320円(本体価格 4,000円) / 2019年2月発行 / ISBN978-4-258-04637-9
激動のとば口にあるメキシコ。長年にわたる改革にもかかわらず、なぜ豊かで安定した国になれないのか。その理由を、背反する政治と経済と社会の論理のせめぎ合いの構図に探る。

習近平「新時代」の中国

No.50

『習近平「新時代」の中国』
大西 康雄 編 / 2,808円(本体価格 2,600円) / 2019年2月7日発行 / ISBN978-4-258-29050-5
2期10年の慣例を超えた長期政権を目指す習近平政権は、多くの課題に直面している。本書では、諸課題の分析を通じ、政権が「新時代」を切り拓くための条件を展望する。

途上国の障害女性・障害児の貧困削減――数的データによる確認と実証分析――

No.636

『途上国の障害女性・障害児の貧困削減――数的データによる確認と実証分析――』
森 壮也 編 / 3,456円(本体価格 3,200円) / 2018年3月発行 / ISBN978-4-258-04636-2
途上国の脆弱層のなかでも、国際的にも関心の高い障害女性と障害児について、フィリピン、インド、インドネシアの三カ国を取り上げ、公開データや独自の数的データを用いて、彼らの貧困について実証的に分析する。

ポスト・マハティール時代のマレーシア――政治と経済はどう変わったか――

No.634

『ポスト・マハティール時代のマレーシア――政治と経済はどう変わったか――』
中村 正志熊谷 聡 編 / 6,912円(本体価格 6,400円) / 2018年3月発行 / ISBN978-4-258-04634-8
マハティール時代に開発独裁といわれたマレーシアはどう変わったか。政治面では野党が台頭し経済面では安定成長が続く。では民主化は進んだのか。中所得国の罠を脱したのか。新時代の政治と経済を総合的に考察する。