文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

The Legacies of the Past in the Modern Rule of Law in Thailand

調査研究報告書

Thongchai Winichakul 編

2019年3月発行

表紙 /目次 (183KB)

Rule of law in Thailand has its own characteristics due to its particular history and development. It has deteriorated during the political crisis over the past 10-15 years during which we saw the lese majesty charge skyrocket, especially as the consequences of the two military coups in 2006 and 2014. Unlike other crimes, most people who are arrested for lese majesty confessed to the crime. Why? What happened to them and what are the conditions that led to their confessions even though most of them were not physically abused or tortured by the police? The answers are telling about the history and the current state of the rule of law in Thailand.
本稿では、タイの司法裁判所制度における近年の制度改革の動向と司法の実態を分析するため、次の作業を行った。第1は、2001年以降の事件数の推移について、最高裁判所、控訴裁判所、第一審裁判所の3つのレベルで、パフォーマンスの変化を概観した。第2に、タイの司法裁判所の特色である「特別専門裁判所」(具体的には、少年家族裁判所、労働裁判所、知的財産国際取引裁判所、破産裁判所、租税裁判所の5種類)に関係する制度改革の動向を検討した。これら裁判所において採用されている外部有識者を裁判手続に加える補助裁判官制度について、その資格要件の厳格化や選出手続の整備が進んできたこと、これら裁判所の判決・命令に対する上訴が従来の最高裁判所に対して直接行われる従来の制度設計から、新設された「特別専門事件控訴裁判所」で一括して処理する方式へと変更され、最高裁判所の機能が変化しつつあることを確認した。