文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

産業構造の多様化:アジアとアフリカ(基礎理論研究会)

調査研究報告書

塚田和也

2019年3月発行

第1章

本章は、アジアとアフリカの比較、および既存研究のレビューを通じて、経済の構造転換と産業の多様化に共通するメカニズムを整理したものである。具体的には所得効果と相対価格効果、そして国際貿易の影響を議論している。また、アジアとアフリカにおける製造業の発展パターンを分析するフレームワークを、構造転換と多様化の文脈で議論した。

第2章
サブサハラ・アフリカ地域では、他地域よりも産業構造変化が遅れており、その実現が期待されている。これまでの研究は、非農業部門の企業の生産性が低いことに注目が集中し、その原因の検討が行われてきた。他方で、経済成長論の実証研究では、農業部門と非農業部門の労働配分に非効率性がある可能性が指摘されている。この研究では、所得水準の低い国ほど農業と非農業部門の生産性格差が大きいことが報告され、前者から後者への労働移動が不十分なのではないかと考えられている。この仮説にもとづくと、アフリカ諸国の非農業部門の生産性は相対的には十分高く、産業構造変化の遅れは労働移動の緩慢さにあると説明される。こうした研究について概観し、アフリカの産業構造変化に対する含意を整理する。
第3章

This paper examines how political, social and economic regime change affects lifecycles of manufacturing plants. To do that, we exploit Japan’s transition from a feudal regime to a modern regime in the late nineteenth century as a natural experiment. Using the plant-level data for 1902 including the information on the foundation year of each plant, we examine how age-size profiles of plants differ between before and after the regime change. It was found that plants grew much faster after the regime change, and that the acceleration of growth after the regime change is much larger for the plants in exporting industries, the industries intensively using steam power, and plants adopting the corporate form. These findings suggest that access to export market, access to modern technologies and availability of the modern corporate form were the channels through which the regime change affected the age-size profile of plants.