文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

カンボジア:最大野党不在の2018年総選挙

機動研究成果報告

2019年2月発行

本報告は、2018年度機動研究プロジェクト「カンボジア:最大野党不在の2018年総選挙」(2018年7月~2019年1月実施)の成果のダイジェスト版である。2019年春には、より詳細な分析を行った最終成果を「情勢分析レポート」としてウェブ出版することを予定している。

カンボジアでは、2018年7月29日に5年に一度の国民議会議員選挙(総選挙)が行われ、与党・人民党が全125議席を独占した。前回2013年の総選挙で、野党・救国党の躍進を許した与党・人民党は、2017年11月に救国党を解党するなど、さまざまな手段を講じてきた。一方で、支持回復のためにさまざまな「改革」にも邁進してきた。

本報告では、2018年総選挙の経緯と選挙結果、選挙改革の概要、そして、若者たちを取り囲む環境について報告する。2018年総選挙を一つの契機としたカンボジアの政治・社会情勢の現在地を理解するための一助になれば幸いである。

第1章
第2章

2018年までの選挙改革の概要 (463KB) / 原田至郎

第3章