文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

グローバル・バリューチェーン・レポート(2019年版):グローバル化時代における技術革新と労働

他機関との共同研究成果

原題 Global Value Chain Development Report 2019: Technical innovation, supply chain trade, and workers in a globalized world

David Dollar, Emmanuelle Ganne, Victor Stolzenburg, and Zhi Wang 編

表紙

『グローバル・バリューチェーン・レポート』は、グローバル・バリューチェーン(GVC)研究を先導する6機関(*)の共同研究成果である。第2号の本書は、技術革新がGVCを通して各国の労働市場に与える影響を主題とし、現在最も重要と目されるトピックについて一般読者向けに分かりやすく解説した。

*世界貿易機関(WTO)、ジェトロ・アジア経済研究所、経済協力開発機構(OECD)、対外経済貿易大学GVC研究院、中国発展研究基金(CDRF)、世界銀行グループ

<本書の特色>

  • GVC研究を先導する6機関の共同研究成果
  • 喫緊の課題に主眼を置いた政策志向の分析
  • 国際産業連関データ等を駆使した多角的な実証研究
Foreword

Michael Spence (Nobel Laureate in Economics)

Executive summary

David Dollar

Chapter 1 Recent patterns of global production and GVC participation

Xin Li (Beijing Normal University), Bo Meng (IDE-JETRO), and Zhi Wang (RCGVC-UIBE)

Chapter 2 Trade, value chains and labor markets in advanced economies

Marc Bacchetta (WTO) and Victor Stolzenburg (WTO)

Chapter 5 Understanding Supply Chain 4.0 and its potential impact on global value chains

Michael J. Ferrantino (World Bank Group) and Emine Elcin Koten (World Bank Group)

Chapter 6 The digital economy, GVCs and SMEs

Emmanuelle Ganne (WTO) and Kathryn Lundquist (WTO)

Chapter 7 Should high domestic value added in exports be an objective of policy?

David Dollar (Brookings Institution), Bilal Khan (RCGVC-UIBE), and Jiansuo Pei (SITE-UIBE)

*本レポートの創刊号(2017年版)も以下のリンクから無料ダウンロードできます。こちらも併せてご覧ください。

グローバル・バリューチェーン・レポート(2017年版):経済発展への影響分析


世界銀行・IMF経済フォーラム”Spring Meetings”での刊行記念イベントの様子 (2019年4月13日)

写真:GVC_1

左からWTOチーフエコノミスト Robert Koopman、世界銀行貿易局長 Caroline Freund、ジェトロ・アジア経済研究所上席主任調査研究員 猪俣哲史、中国対外経済貿易大学教授 Zhi Wang、OECD開発センター主任 Annalisa Primi、ブルッキングス研究所主任研究員 David Dollar(写真撮影:孟渤 2019年)
写真:GVC_2 写真:GVC_3
会場には200名を超える多くの聴講者が集り、最新のGVC研究について活発な議論が交わされた。(写真撮影:孟渤 2019年)